アロマセラピー
 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“アロマテラピーの効能”について。

アロマテラピーといえばご存知の方も多いかと思いますが、植物の香りを用いた療法で、主にストレスを解消し、心身のリラックス効果を得るのに用いられる自然療法です。

このアロマテラピーに用いられる植物の精油にも様々なタイプがあり、実はリラックス効果だけでなく、色んな症状の改善に効果的なのです。

今回はこのアロマテラピーの代表的な精油とそれぞれの効能をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。
 
関連:不安の解消には瞑想が効果的!自律神経を整えてリラックスするコツ
 

スポンサーリンク

アロマテラピーにはなぜリラックス効果があるの?

 
精油
 
自分の好きな香りを嗅ぐと、なぜか自然と気分がリラックスする事ありますよね?香りはそれだけ感情との結びつきが強いのです。

鼻から入った情報は大脳辺縁系という部分にダイレクトに届きます。この大脳辺縁系は感情や欲求と深く関わっており、ホルモンのバランスや自律神経、免疫力の調整をする役割を持っている為、香りを嗅ぐことで、リラックス効果が得られるのです。

では、アロマテラピーに用いられる植物の精油の種類によって、どのような効果が得られるのか、見ていきましょう。

アロマテラピーの精油と効能

・フローラルな香りのラベンダー
アロマテラピーの代表的な精油と言っても過言ではないでしょう。ラベンダーはリラックス効果が高く、殺菌や抗菌作用も得られます。ストレスや不眠、緊張といった症状を和らげてくれます。

・フレッシュな香りのグレープフルーツ

グレープフルーツの精油は、気分が沈んでいる時や元気が出ない時、リフレッシュしたい時に使用するのがオススメです。また、ダイエット中の人には嬉しい脂肪燃焼や、むくみの改善にも効果が期待できます。

・清涼感のあるハーブ系の香りのローズマリー

ローズマリーは、記憶力を高める効果があります。「なんだか集中出来ない…」といった時に使用することで、集中力を高めることが出来るのでオススメ。ここぞといった時に使ってみましょう。またスキンケアにも適しているので、お肌の状態が乱れがちな時に使うのも◎

・甘い香りのオレンジスイート

オレンジスイートは気分が落ち込んだり、寂しさを感じる時に使用することで、リラックス効果を得られます。血行を良くしたり、胃腸の働きを活発にする働きもあります。食欲不振に陥った時にも効果的ですよ。

・シャープな柑橘系香りのレモン

レモンにはリフレッシュ効果があります。気分を切り替えたい時に使うと効果的です。イヤな事があって引きずってしまっている方はぜひ使ってみて下さい。殺菌効果や便秘・胃もたれの解消にも効果的ですよ。
 
関連:月一で行きたい!アウトドアで森林浴が体に良い3つの理由
 

スポンサーリンク

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

「アロマテラピー=リラックス」というイメージがある方も多いかと思いますが、実はこれだけ様々な効果が期待出来るんですね。

ただ注意したいのは、ラベンダーでストレスを解消しようと思って使ってみたものの、その匂いが嫌いでは逆効果です。まずは色々と匂いを嗅いでみてご自身の好きな匂いを見つけてみてください。

毎日寝る前に使用することで、上質な睡眠が取れるようになるので疲れも取れやすくてオススメですよ。ぜひ試してみてくださいね!


スポンサーリンク