朝活
起床から数時間、朝はココロと体が一番元気な状態です。朝早く起きて活発に行動をすることで、体は元気に動き、脳も最大限に働きます。

この時間帯にクリエイティブな仕事をすると新しいアイデアも生まれやすく、仕事も効率的にこなせる、というのはこちらの記事にてご紹介しました↓↓
 
参照:【朝活のススメ】クリエイティブな仕事は起床後すぐにやるべき理由
 
ではこの朝活、朝といっても明け方を朝という人もいれば、10時くらいを朝という人もいますが、いったい何時くらいの事を指すのか。実は朝活をするにあたって、理想の起床時間というものが存在します

今回は朝活の理想の起床時間についてご紹介します。
 

スポンサーリンク

朝活は体内時計を整えるのが重要

 
夜更かし

・夜遅くまで起きてPCやスマホを見ている人
・夜更かししてDVDの映画を見るのが趣味だ
・読書をしていたらいつも寝るのが2時

など、夜型の生活に慣れてしまっている人や不規則な生活を送っているという場合、いきなり「さぁ、明日から朝活をはじめるぞ!」と気合いを入れたところで、朝にスッキリ起きて活発に動き出す、という事はなかなか現実的に難しいものがあります。

というのも、人間の体には体内時計というものが存在し、それは大体24〜25時間周期で動いています。

早朝、日の光が出始める頃、体からは“コルチゾール”という体を活性化させるホルモンが分泌されますが、太陽の光を浴びる事で体は一日の始まりを認識します

しかし、これが夜型の生活になっている場合、太陽の光を浴びるのが10時や11時などになってしまうと、そこから体内時計が刻まれるため、体内時計が遅くにずれ込んでしまうのです。

そうなってしまうと、朝早く起きようとしてもなかなか起きる事は出来ません。朝活を始める場合は、まずは規則正しい睡眠を摂る事が重要になってきます。

では、一体、朝は何時に起床するのがベストなのでしょうか。
 
関連:【夜型から朝型へ】朝活を成功させるスムーズな睡眠と起床法6つのコツ
 

スポンサーリンク

朝活の理想の起床時間は日の出

日の出
朝活をするにあたっての理想の起床時間は日の出の時間帯がベストです。

なぜかというと前述の通り、太陽の光が出る時間帯に起きる事で太陽光が脳の視床下部に届き、体内時計のリセットと共に、生活リズムが整いやすくなるからです。

とはいえ、「夏と冬の日の出は全然違うじゃん」という声もあるでしょう。

夏は早朝から外は明るいですが、冬は日の出も遅く、せっかく朝活しようとしているのに、太陽が出るのを待っていたら活動を開始する時間が遅くなってしまいます。

そう考えると、起きる時間は一定が理想。一定にするのであれば、年間を通した日の出の平均時間に毎朝起きるのがベストでしょう。ちなみに、1年を通した日の出の平均時刻は朝の5:30です。

今から朝活を始めようという方は、この時間帯を目安に起きる事を習慣付けましょう。
 

まとめ

朝活の理想の起床時間、いかがでしたでしょうか?
ここまでの内容を簡単にまとめておきましょう。

・朝は心も体も一番元気な状態
夜型や不規則な生活は体内時計を狂わせる
・“朝活”を始めるには規則正しい睡眠を摂るのが必須
理想の起床時間は日の出(一年の平均は朝の5:30)

こんな感じでしたね。

もちろん理想ではあるので、人によっては30分早かったり1時間遅かったりというのもあるでしょう。大事なのは習慣付けて生活リズムを整える事。これが朝活を長く続けられて、成功させる秘訣だと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!
 
関連:【朝活でヨガ】心に余裕が生まれる?早起きがもたらすメリットがスゴい
 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています

口癖を直すと人生が変わる?口にするのをやめたい”悪魔の言葉”4選

カフェインでふわふわが増長?めまいでやめるべき食生活まとめ

ニキビを一瞬で治す方法?コップ一杯の水で毒素抜きが凄い

短時間睡眠で疲労回復?眠りの質を高める5つの方法

滑舌悪い人必見!会話を円滑にする効果的なトレーニングはコレだ

お酒に美容効果?本格焼酎が体にもたらす3つのメリット

そばで生活習慣病予防?そば湯を飲むと血液サラサラ効果あり

目の下のクマ改善に効果抜群!カシスの栄養素が驚くほど高かった

朝ウォーキングでダイエット!基礎代謝アップで驚くべき4つの効果

化粧品より凄い?トマトジュースで美白!リコピンの驚くべき美肌効果

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事イイネと思った方はシェアしていただけると嬉しいです。