間食 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“太りにくいお菓子”について。

寒い冬はつい油断しがちで、食べすぎてしまい太りやすい季節ですよね。皆さんは間食する時どんな食べ物を食べていますか?

「ダメだダメだ…」と分かっていても、ついついチョコレートやアイスなど甘いお菓子に手が伸びてしまいますよね。でも甘いものを食べ過ぎると体にも良くないですし、太る原因にも・・・。できるだけ我慢したいものですよね。

そこで今回は間食にオススメの太りにくいお菓子と、体に安心な手作りデザートをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【ダイエット】太らない間食には温かい牛乳やヘルシーな野菜スープがおすすめ
 

スポンサーリンク

お菓子を買うならベビーフードがオススメ

ベビーフード 
市販のお菓子の原材料には、たくさんの添加物が入っています。摂りすぎると、この添加物が肝臓に負担をかけ、体脂肪をためやすい体にしてしまいます

間食にも、お菓子はあまり食べない方が良いのですが、もし市販のお菓子を食べるのであれば、赤ちゃん用のビスケットやおせんべいがオススメです。

いわゆる“ベビーフード”ですが、薄味で添加物が少なく、量も少ないので、カロリーという点で安心して食べられます。卵ボーロ、ウエハースや野菜入りのスナック菓子といったものがありますね。

気分によってお好みのお菓子を選ぶのが良いでしょう。

血糖値を上げにくい手作りデザート

チーズケーキ 
甘いものを食べると糖化するといっても、体が甘いものを欲している時はありますよね。そんな時は、安心で太りにくい食材で手作りしましょう

【体に優しい手作りデザートの作り方】

1.まずグラハムクラッカーを砕き、耐熱の器に敷き詰め、ココナッツオイルをかけてかためて、タルト台代わりにします。

2.コーヒーフィルターを使用して、半日ほど掛けてヨーグルトを水切りします。これだけでフレッシュチーズのような味わいになります。これにメープルシロップを混ぜます。

3.1に2を流してチーズケーキ風にします。オーブンで焼き色がついたらOK。低カロリーでかつ満足感の得られるデザートの出来上がりです。

 
関連:【ダイエット】間食=太るは間違い?より効率良く痩せるのに効果的な摂り方
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どうしても市販のお菓子が食べたい時はベビーフードにして添加物の少ないものを食べるようにしましょう。時間がある時は、手作り簡単デザートを作るのも良いですよ。ぜひ試してみてくださいね!

それでは!
 
関連:【太らない食べ方】ダイエットで痩せたい人が守るべき5つの食事法
 

スポンサーリンク