ココナッツオイル
 
ここ最近、“ココナッツオイル”が話題を呼んでますね。

モデルのミランダ・カーさんや、タレントのローラさんが愛用していたり、テレビ番組『世界ふしぎ発見』で紹介されたりして、その効果や効能がスゴい!という事になったようです。

そこで私も気になって調べてみましたが、確かに体にすごく良い効果をもたらしてくれるようですね!まさに万能?とも思える効果が盛り沢山でした。

今回はそんなココナッツオイルが体にもたらす効果をご紹介します。
 

スポンサーリンク

ココナッツオイルが体にもたらす効果

 
ココナッツ
 
ココナッツオイルがなぜ体に良いのか、その一番の要因は、「中鎖脂肪酸」「ケトン体」にあります。

ココナッツオイルは自然界で一番多くの中鎖脂肪酸を含んでおり、この中鎖脂肪酸によって様々な効果が期待できるのです。
 

1、脂肪の燃焼を促し、ダイエットに効果的!

 
ココナッツオイルに多く含まれる中鎖脂肪酸は体に蓄積されにくく、すでに体に付いてしまった余分な脂肪も一緒に燃焼してくれます。

脂肪の燃焼によって血流が良くなり、冷え性の改善に、また腸の働きも良くなるのでお通じにも良く、便秘の改善にも効果的です。

ダイエット中の方は要チェックですね!
 

2、スーパービタミンEで美肌・アンチエイジング!

 
アンチエイジング
 
ココナッツオイルには“トコトリエノール”という強い抗酸化作用もつ栄養素を多く含んでおり、シワ、たるみの改善、美肌効果が期待できます。

また、このトコトリエノールは“スーパービタミンE”とも呼ばれており、中性脂肪の低下やコレステロール値の改善などを促し、脳梗塞や動脈硬化の予防にも効果的です。

紫外線をカットしてくれる効果もあるので、日焼け止めと併用すると美白効果抜群?!
 

3、傷んだ髪や頭皮に!薄毛予防に!

 
ヘアケアーとしてもよく使われるココナッツオイル。髪の毛に塗ってあげる事で傷んだ髪の補修や修復に効果があります。

また、頭皮に塗ってあげる事でリラックス効果、頭皮トラブルの改善も期待でき、抜け毛予防にも最適ですね。

ココナッツオイルで艶やかなサラサラヘアーを目指してみては?!
 

スポンサーリンク


 

4、アトピーやニキビなどの肌トラブルを解消!

 
ココナッツオイルにはビタミンEやラウリン酸が多く含まれており、アトピーの原因となるバリア機能の低下を防いでくれます。

また、強い抗菌作用も認められており、ニキビ予防にも効果的です。

お肌トラブルでお悩みの方は是非試してみて欲しいですね^^
 

5、認知症予防と改善にケトン体が効果を発揮

 
認知症予防
 
中鎖脂肪酸が肝臓で分解されて出来るケトン体という物質。

このケトン体は脳にエネルギーを供給する働きがあり、アルツハイマーなどの認知症の改善・予防に効果的です。

認知症は、脳への主なエネルギー源であるブドウ糖が吸収されなくなる事で発症しますが、ケトン体はそれをサポートするというエネルギー源として注目されています。

ココナッツオイルにはこのケトン体をつくる中鎖脂肪酸が非常に多く含まれている為、その効果が期待できるという事です。
 
※貴重なご意見をいただきました。
ケトン体は通風を引き起こす原因にもなる為、摂りすぎには十分注意しましょう。(2015/8/10)
 
関連記事:【摂りすぎ注意】ココナッツオイルで太る?アレルギーで下痢、嘔吐の原因に
 

ココナッツオイルまとめ

 
いかがでしたでしょうか?

自然界で一番多く中鎖脂肪酸を含んでいるだけあって、やはりその効果は素晴らしいものがありましたね。

特に女性にとっては嬉しい効果が盛り沢山でした。

美容と健康を目指される方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか?^^
 

こちらの記事もよく読まれています

【夜型生活改善】体内時計リセットに理想な朝食の摂り方は10時間の絶食?

【体内時計リセット3選】朝イチの”焼き魚定食”が快眠につながる理由?

【夏バテ予防】食欲不振はこう防げ!食事で胃バテを解消する3つの対策

【生活習慣病予防】お酢の効能が半端なかった!メタボ・糖尿病・美容に◎

【夏バテ症状対策】快適な睡眠のコツは食事と入浴?ベストなタイミングは?

【夏バテ・熱中症対策】炭酸水で食事がすすむ?効果を得るには常温が◎

【実は意味があった?】夏バテ症状対策に効果的な食べ合わせ3選!

野菜ジュースだけじゃ効果なし?生野菜でしか摂取できない栄養素は?

【摂りすぎ注意】ココナッツオイルで太る?アレルギーで下痢、嘔吐の原因にも

体に良いけど飲み過ぎ注意?コーヒーが健康に良い10の理由

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事イイネと思った方はシェアしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク