間食 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“間食とダイエット”について。

皆さん、ダイエットを実践している時どのような食事制限をしていますか?極端に1食を抜いたり、置き換えダイエットなどで極限までお腹を空かせてしまったりはしていないでしょうか。一見、そうする方が痩せそうに思えますが、空腹の時間が長いとより糖を吸収しやすくなり、太りやすい体質になってしまうのです

そこでオススメなのが“間食”。「間食=太る」というイメージがある方も多いかと思いますが、一概にそうではなく、うまく間食を摂ることでメリハリのある身体を作ることができます。

今回はその方法についてご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【ダイエット】太らない間食には温かい牛乳やヘルシーな野菜スープがおすすめ
 

スポンサーリンク

3度の食事の間に間食をしよう

 
食事 
空腹の時間が長いと、次の食事をした時に血糖値がグンと上がってしまいます。すると、インスリンがすい臓から大量に分泌されます。

糖はエネルギーとして使われますが、糖が消費されずに残っていると、インスリンが残った糖を「脂肪細胞」にせっせと送り込んでしまうのです。

なので、間食をチョコチョコしながら、「すごく空腹!」な時間を増やさないようにすることが大切です

おすすめなのは、3時間ごとに血糖値の上がりにくいナッツ類などを口に入れること。もちろん食事を満腹にとって、間食もしっかりしていては太ります。食事は腹6分目ぐらいにして、空腹にならない程度に間食をすることでメリハリのついたボディに近づきます。

間食におすすめの食べ物はナッツ類!

 
ナッツ 
間食にとくにおすすめなのは、ナッツです。ナッツ類には、抗酸化作用の高さから、美容食材としても注目されていますよね。ビタミンB1、B2、Eやミネラル・食物繊維も豊富に含まれており肌にも良い食品です

中でも、一押しはクルミです。血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

他には、血糖値が上がりにくいチーズ、食物繊維やミネラルが多いグラノーラもおすすめですよ。たくさん食べすぎるとやっぱり太ってしまうので、間食は200カロリー以下にしましょう。ナッツ類なら手のひらに軽くのる程度が目安です。
 
関連:【ナッツの効能】便秘・悪玉コレステロールの改善にくるみが効果的!
 

スポンサーリンク

まとめ

今までのダイエット方法と比べてみていかがでしたでしょうか?

間食はしてはいけないと思っていた方も、方法さえしっかり守ればより効果的ですよ。ぜひ試してみてくださいね。それでは!
 
関連:【太らない食べ方】ダイエットで痩せたい人が守るべき5つの食事法
 

スポンサーリンク