ダイエット 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“ダイエットのリバウンド”について。

暑い時期になるとプールや海など露出が増えますよね。そこで夏に向けてダイエットしている方も多いのではないでしょうか。

ダイエットと言えば、パッと浮かぶのが食事制限。しかしながら、安易に「食べたら太るのだから食べなけりゃ良い!」と思って実践する極度な食事制限はほとんどの場合失敗に終わるか、最悪の場合リバウンドしてしまいます。せっかく痩せることが出来ても、結局元に戻ってしまったら努力が水の泡ですよね。

ではリバウンドしない為にはどうすれば良いのか、もちろんダイエットを継続することが一番大事ですが、実は脳のメカニズムを理解した上で実践すると、遥かにリバウンドが起こりにくくなるのです

いつも“痩せては太って”を繰り返してしまうという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【成功のカギ】糖質制限ダイエットでリバウンドしない為の4つの方法
 

スポンサーリンク

三大栄養素がリバウンドしない為のカギ?

 
食べる 
脳は、空腹感や満腹感をコントロールしますが、身体に必要なもの(栄養のあるもの)を食べると「おいしい!」と感じ、身体に必要なものを食べていれば満腹感を感じるように働きます。つまり、身体に必要ないもの(栄養分ではないもの)は食べてもおいしく感じず、食べていても満腹感を感じないようになっているのです。

ここでいう美味しく感じるもの(栄養のあるもの)とはこの3つ。

・炭水化物
・タンパク質
・脂質

いわゆる“三大栄養素”と呼ばれるものですね。

ですから、これらの栄養素を過剰に制限したダイエットを行うと、身体のメカニズム・脳の働きに反するため必ず“リバウンド(反動)”が起こります。

最近特に流行っている糖質制限ダイエットも、糖質を全く取らないようにすると逆にリバウンドする可能性が高いのです。一切取らないのではなく、適度に制限することがリバウンドを防ぐことに繋がります

空腹の時こそ運動をしよう!

 
運動 
ダイエットのためには、適度な軽い運動も不可欠です。

ジョギングやランニングをする時はぜひ空腹の時に運動するようにしましょう。なぜなら、軽い運動を空腹時に行うと肝臓に蓄積された糖が消費されやすく、たまった脂肪の消費にも繋がりやすくなるからです

空腹感は、血液中に糖が不足するために脳が信号を出して感じるものですが、運動することによって、当然血液中の血糖値が上昇するため、空腹感はそれほど感じないで済むのです。
 
関連:食前の運動で痩せる!基礎代謝を上げる筋トレでダイエット効果あり!
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

極度な食事制限ダイエットしている方は、三大栄養素をまんべんなくきちんと摂取して量を制限することが大切です。そして運動不足を解消することが、最も身体に適したダイエット法といえます。無理なく身体に合ったダイエット法を行いましょう。

それでは!
 
関連:【えん麦のちから】便秘解消でぽっこりお腹とおさらば!簡単ダイエットにはこのサプリ
 

スポンサーリンク