ウォーキング 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“痩せる歩き方”について。

ダイエットや健康のために毎日ランニングをしたくても、続けるのは時間もないし大変で続かないという方が多いですよね。せっかくやり始めても長続きしないと意味がありません

そこで、今回は大変なランニングをしなくても、それ同様の代謝を手に入れられる歩き方をご紹介します。普段の何気ないウォーキングも少し意識をもって取り組むだけで、効果も大きく変わってきますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【ウォーキング】健康効果がいっぱい!体幹を鍛える正しい歩き方
 

スポンサーリンク

普段から意識することでダイエット効果UP

 
メリハリボディ 
ランニングをしなくても、1日1時間1万歩を目安に歩くだけで代謝の点では同じ効果があるといわれています。しかし、意識して時間をかけて歩かなければなかなか1万歩は達成できそうもないですよね。

だからといって、歩くことでメリハリボディを実現するのは無理と諦めるのは早いのです。時間を長くするよりも、適切な歩き方で地道に毎日続けることが大切です

例えば、家の中を移動する時でも、お腹を引っ込めて早足で歩く、階段を歩くときも姿勢よく、お腹を引っ込めるなどの小さな心がけだけでダイエット効果が変わってくるのです。

ダイエットに効果的な代謝を上げる歩き方

 
痩せる歩き方 

1.腕は自然に振り、早足のときは大きく振る。
2.脚は骨盤からまっすぐ前に出すし、ひざは伸ばすように歩く。
3.かかとから着地し、しっかりけり出すこと。
4.お尻から太腿の筋肉を意識しながら、歩幅を大きくサッサッと早く歩く。
5.背筋は伸ばすこと。

外を歩く時は、手を大きく振り大股で歩きましょう。手を大きく振ると、肩甲骨を動かすことができ、代謝をアップすることができます。

時間があるときは、隣の駅まで歩いてから電車に乗るのもいいですね。また、外を歩くときは、できるだけ荷物を軽くしましょう。ひざに負担がかからなくなります。左右均等になるように、重いバッグを片手で持ったりせず、リュックを背負うとより効果的になりますよ。
 
関連:【脂肪燃焼のコツ3選】ウォーキングやランニングで効率良く痩せる方法
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

普段の生活の中で、大股歩きと早歩きを心がけることで消費エネルギーをアップすることができます。時間がない時でも、家の中の移動を意識してぜひ取り入れてみて下さいね。

それでは!
 
関連:【30代以上は要チェック】生活習慣病を予防するウォーキング3つのコツ
 

スポンサーリンク