肌トラブル 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“秋の肌トラブル”について。

秋のなると肌にツヤがなくなったり、カサつきやゴワつきといった、夏の肌とは明らかに質感が変わっているのが実感されるのではないでしょうか?季節の変わり目が体に与える影響は大きく、放っておくとより様々な肌トラブルを引き起こしてしまう原因にもなってしまいます

冬になるとより乾燥が進む為、秋の早い時期からできるだけ対策をしておきましょう。

そこで今回は、秋冬の肌トラブルを防ぐ3つの対策をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【秋の抜け毛対策】髪が抜けるのを防ぐのに効果的な頭の洗い方!4つのポイントはコレ
 

スポンサーリンク

季節の変り目に敏感肌になる原因

敏感肌
秋に肌の質感が悪化する原因の一つにはまず、夏に受けた紫外線ダメージが考えられます。肌に存在する表皮細胞が夏の紫外線によってダメージを受けて変化し、角質層の保湿・バリア機能が低下してしまうことが原因です。

そして夏から秋にかけての気温の変化が身体の自律神経や免疫に影響を与え、身体が外部の刺激に対して敏感に反応しやすい状態になります。その為、体調の変化が肌にも現れ、その結果として痒みやかぶれなどの肌トラブルに繋がります。

また、気温が下がったことに加えて空気も乾燥することで、汗をかかなくなると同時に皮脂の分泌量の減少が起こることから、肌が非常に乾燥しやすい状態になっています。

気温の低下で元々敏感になっていた肌が皮脂の量が少なくなることで更に敏感になってしまう、このような悪循環に秋は陥ってしまうのです。

秋冬の肌トラブルを防ぐ3つの対策

保湿

1.秋冬は保湿力の高い化粧水・乳液を選ぼう

これらの秋の肌トラブルを防ぐためにはまず、保湿が非常に重要です。

夏に使用していた化粧水や乳液では保湿力が十分でないことがある為、秋と冬は保湿力の高い化粧水・乳液に切り替える必要があります。普段のお手入れに保湿クリームを加えるだけでも保湿効果が全然違ってきますよ。

また、日中にオフィスなどで仕事をされている方は、エアコンによる乾燥対策としてオイルが含まれているスプレータイプの化粧水(オイルが入っていないものは、かえって肌の乾燥を招くこともあります)や化粧直し用のジェルやミストなどを使うことも、お肌の保湿を保つ上で効果的だといえるでしょう。

2.水分をしっかり摂って体の内側にも潤いを

水分補給もしっかりと行って、身体の内側からも保湿を行いましょう。

秋は夏場と違って喉の渇きを感じにくい季節ではありますが、意識して水分補給を行うことで肌の乾燥対策だけでなく、肌荒れやシワの予防対策も出来ますよ

3.肌に良い食材を摂ろう

ビタミン
また、季節の変わり目による肌荒れを防ぐためにも、直接的なスキンケアだけでなく、美容に不可欠なビタミンCやビタミンB2、亜鉛や抗酸化作用のあるリコピンなどを含有している食材を意識して摂取しましょう

シミ予防に効果的なビタミンCを多く含む食材には、レモンだけでなくホウレンソウやブロッコリーなどがあります。ビタミンCは壊れやすい為、出来れば茹でずに蒸し料理にすると尚良いです。

肌の代謝を促すビタミンB2を含む食材は、レバーを始め納豆や卵があります。こちらも壊れやすい栄養素である為、調理方法には気を付けましょう。

他にも、トマトやピンクグレープフルーツなどのリコピンを多く含有している食材は、βカロテンを含むニンジンやしそといった緑黄色野菜と一緒に食べることで、より栄養の吸収率を上げることができますよ。
 
関連:【肌がカサカサ】オリーブオイルが効く?乾燥肌の改善に効果的な4つの食べ物!
 

スポンサーリンク

まとめ

秋冬の肌トラブル対策、いかがでしたでしょうか?

夏から秋にかけての気温や湿度の変化によって体調が変化して、結果としてお肌の調子も悪くなってしまいます。夏場に使っていたスキンケア用品を見直して保湿力の高いものに切り替えることや、スキンケアに加えて普段の食生活も見直すことで身体の内側からケアするようにしましょう

保湿・水分補給・ビタミンCを始めとする栄養を積極的に取る、これらの3つをしっかりと守り、乾燥だけでなくシミやシワ、吹き出物などの肌トラブルを防いで美しいお肌をキープしましょう。
 
関連:【お肌の乾燥トラブル】秋冬は特に要注意!予防改善に効果的な6つのスキンケア方法
 

スポンサーリンク