冷え性 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“冷え性と朝食”について。

冬の寒い時期になると、冷え性の方にはさらにつらい時期ですよね。手足が冷えると代謝も悪くなり、夜の寝つきや色々なところに影響してしまいます。

冷え性の方は分厚い靴下を履いたり、カイロを持ち歩いたりと、なるべく冷やさないように心がけますよね。でも、実は冷え性の原因は毎日の朝食にもあるのです。知らず知らずのうちに食べていた朝食が冷え性を悪化させている可能性も?

今回は、朝食に食べると体を冷やしてしまう食べ物とその予防・対策法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:冷え性の名医が教える最強に効く解消法は肩甲骨マッサージと冷たい水?
 

スポンサーリンク

その朝食が冷え性の原因!

 
朝食

体を冷やしてしまう朝食がコチラ

1.小麦
白砂糖や食パンなど「白い物は体を冷やす」と言われています。かわりに良いのはライ麦パンやそばがおすすめです。冬の間だけでも、ライ麦パンなど色のついた食べ物に切り替えると良いでしょう
 
2.牛乳
牛乳やヨーグルト、生クリームといった流動性のある乳製品は体を冷やす作用がとても強いのです。シリアル派の人は豆乳を温めてほかほかのホットシリアルにして食べるのがおすすめです。
 
3.コーヒー
カフェインが含まれているお茶やコーヒーは交感神経を刺激して血流が悪くなり、結果的に冷えを招いてしまいます。

冷え性の方におすすめの朝食とは?

冬の寒い朝に適している朝食は白湯です。白湯はカフェインも何も入っておらず、水道水を沸かして冷ますだけなので簡単につくることができます。

冬は意識しないと水分摂取がどうしても少なくなります。そうすると、老廃物がきちんと排出されず毒素が体にたまってしまうので冷えの原因になります。朝に白湯を飲むことで、水分不足も解消され毒素も排出してくれるので、1日のスタートとしてのウォーミングアップ効果も期待できます

また、温朝食もおすすめです。温かいスープは、とろみがあって冷めにくいため、最後まで温かいまま飲み続けることができるので、足の先まで温まったり、起きたばかりでぼんやりとした気分にスイッチが入りますよ。
 
関連:冷え性の改善に白湯が効果的!基礎代謝のアップでダイエット効果も?
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冷え性でお悩みの方は、朝食に白湯温かいスープを飲むことで冷え性を予防することができます。食パンや牛乳など体を冷やしてしまう食べ物はなるべく摂らないように意識しましょう

それでは!
 
関連:冷え性の改善にオリーブオイルが効く?体を温める食材と一緒に摂ろう
 

スポンサーリンク