肥満 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“肥満による尿漏れ”について。

尿漏れは、どんな女性でも起きる可能性がある病気ですよね。産後、骨盤がゆるんでしまい咳やくしゃみをするだけで、尿漏れが起こり悩んでいる方も多いと思いますが、実は肥満が原因で尿漏れすることもあるってご存知でしょうか?

肥満が原因で尿漏れする場合は、ダイエットをすることで尿漏れを改善することもできますよ。そこで今回は、肥満と尿漏れの関係と改善する方法をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【効果抜群】産後の尿漏れ予防・改善に効く骨盤底筋エクササイズのやり方
 

スポンサーリンク

尿漏れを防いで快適に過ごそう!

骨盤底筋のゆるみ

尿漏れの原因

尿漏れの原因の1つが骨盤底筋のゆるみです。骨盤底筋とは、骨盤の中で内臓を支えている筋肉なのですが、これが伸びたりゆるんだりすると、膀胱や子宮、他の内臓が下に下がってきます。すると、尿道が緩んで尿をしっかりと止めておけなくなるのです

体重が増えると尿漏れしやすい?

女性は50歳を過ぎると基礎代謝が悪くなり、さらに更年期を迎えて女性ホルモンの分泌が減ると、内臓脂肪型肥満が急増します。内臓脂肪は、大きな油のかたまりがお腹の中に居座っているイメージです。

すると、このかたまりが日々骨盤底筋に圧力をかけ続ける為に、筋肉が疲弊します。その結果、少し力を入れただけでも骨盤底筋がゆるみ、そのすき間から尿が漏れやすくなってしまうのです

尿漏れを予防する方法

ストレッチ

1.おしり歩き

おしり歩きとは、両足を投げ出して床に座り、両手を胸の前でクロスさせた姿勢でおしりを左右交互に動かして歩く方法です。この方法で、骨盤を支える骨盤底筋群を鍛えて体のゆがみを改善し、尿漏れ予防にも効果があります。

2.肛門をキュッと締める

仰向けに寝て、ひざを立てた姿勢で肛門をキュッと締める運動が骨盤底筋群を鍛えるのに効果的です。これを朝晩1分ずつすればOKです。

3.便秘を改善する

食事をコントロールする為に、ごはんや麺類、甘い物などの糖質を多く含む食品を食べ過ぎないことです。そのほか、便秘は肥満と同じく骨盤底筋に負担をかけてしまいます。水分は多すぎても少なすぎてもダメですよ。1日に1~1.5リットルの水分をこまめに摂るようにしましょう。

また、カフェイン飲料、アルコール飲料、炭酸飲料などは膀胱を刺激して頻尿、尿漏れを起こす原因になるので、なるべく控えた方が良いですね。
 
関連:【高血圧】血糖値を下げるのには“お酢”がオススメ!簡単エクササイズもご紹介
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

尿漏れは、産後の骨盤底筋のゆるみが原因だけでなく、肥満によっても起こってしまう病気です太らないことが1番ですが、おしり歩きや肛門を締めたりとエクササイズを取り入れても効果的です。便秘症の方は、しっかり水分を摂って改善することも大切ですよ。

それでは!
 
関連:高血圧の予防・改善に天然ハチミツがオススメ!減塩・減量のW効果あり
 

スポンサーリンク