睡眠 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“眠れない時にストンと眠れる方法”について。

皆さんは、眠たいのに眠れないって時ありませんか?明日も仕事で早いのに・・・って日なんかは、どうしても眠れない時って困りますよね

どうしても眠れない時、どんな事をしていますか?実は、目が冴えてしまって眠れないそんな時に、ストンと眠れる方法があったのです。そこで今回は、すぐに眠れる4つの方法をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【睡眠の質向上】寝る前に習慣付けたい!体を眠りに導く5つの方法
 

スポンサーリンク

眠れない!そんな時の4つの対処法とは?

 
お腹を温める

1.お腹を温める

睡眠不足や、不眠に悩んでいる方は、できるだけ時間を取ってお腹を温めることを習慣づけていくのがおすすめです。お腹を温めるには、湯たんぽなどを利用すると良いでしょう。または、湯船に20分程度つかるというのも効果があります

2.ホットミルクやココアを飲む

ホットミルクやココアには程よい糖分が含まれているため、空腹感を満たしてくれるという効果があります。また、牛乳のタンパク質が消化されることで、「オピオイド・ペプチド」と呼ばれるリラックスに効果的な成分が生成されるのです。

飲む際には、人肌程度に温めることで、温かい口当たりが体中の緊張を和らげてくれるので、寝つきやすくなります

3.リラックスできる香りをたく

 
お香をたく
香りを利用した精神のリラクゼーションは、快適な眠りのためにも効果的で、ストレスや不安を鎮め神経を穏やかにしてくれます。

ラベンダー、セドロール、コーヒー、タマネギの香りは、眠りを誘うことが実証されていますので、自分が快適だと感じる香りを選んでみましょう。

4.ストレッチをする

ストレッチをすることで、副交感神経系のスイッチが入り、心身共にリラックスモードに切り替えることが出来ます。体をゆっくりとひねったり、上体を前にゆっくり倒したりします。

反動をつけずに、ゆっくり深呼吸しながら、体がほぐれていくことをイメージしましょう
 
関連:【ぬるま湯VS熱湯】ぐっすり快眠に効果的な入浴法はどっち?温度の目安は?
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

眠れない時は、お腹を温めてホットミルクなどを飲むと効果的です。また、ベッドルームでゆっくりとストレッチをしながら落ち着く香りをたいて眠気を誘うのも良いでしょう。どうしても眠れなくて困った時は、ぜひ試してみて下さいね。

それでは!
 

スポンサーリンク