液体窒素治療

参照:http://ameblo.jp/oyakogurashi/


どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“ウイルス性イボ”について。

体にできたウイルス性イボを、全く痛みなく取る方法があるのをご存知でしょうか?意外かもしれませんが、入浴剤や殺菌、消臭などに使用される“木酢液”を使う事で簡単にポロっと取れてしまうのです。

おそらくイボでお悩みの方は、あの皮膚科での恐怖の治療“液体窒素”を経験されている方も多いことでしょう。あの治療、めちゃくちゃ痛いんですよね・・・

「なにか液体窒素以外で取れる方法ないの?」って思っている方には、今回の内容は特に必見です。今回は木酢液を使ってイボを治す方法と、人気の木酢液をご紹介したいと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!
 
関連:ニキビを一瞬で治す方法?コップ一杯の水で毒素抜きが凄い
 

スポンサーリンク

【実体験】この木酢液でウイルス性イボが治った

足の裏のイボ

ある日、気が付くと足の裏がズキズキ。

「何だろう?」と思って足の裏を見ると、ボコッと皮膚から浮き出た異物が。すぐ取れるかなと爪で色々といじっていると、徐々に大きくなってきて、気付くと触っていた手にも小さなブツブツが・・・。

そして皮膚科に行くと、そこで待ち構えていたのは“液体窒素”

なにやらカップに入った液体と綿棒のようなものを持った先生が、その大きくなったイボに液体窒素を「ツンツン……ツンツン」。

最初は「ん?」くらいの感じなのですが、これを何度もやられているうちにそれが激痛となり、最終的に「痛〜っ!!!!」ってな具合で涙目に。

・・・と、このような経験はありませんでしょうか?

実はコレ、私が過去に体験したウイルス性イボの治療時の様子を簡単に書いたものですが、イボの治療”液体窒素”って本当に痛いんです。まぁ実際、低温で焼いているので当たり前といえば当たり前なんですが・・・。

しかも、治りにくい上に、このウイルス性タイプのイボは触ったり放っておくと増えるんですよね。

私は過去に右足の親指の裏に直径1.5cmくらいの大きなイボがあったのですが、手に出来た小さなものと合わせて、これを治す為に計10回ほど液体窒素治療を行いました。

一時はそれで治ったと思ったのですが、また1年後くらいに右足の親指に同じウイルス性イボが出てきました。そう、治療ではイボの根元まで焼き切れておらず、結局再発してしまったのです。

それからというもの、あの苦痛はもうイヤだと思い、何か液体窒素以外で取る方法はないかと色々探しました。その結果、

消しゴムでイボに押さえつけ、その部分を圧迫してイボを殺すという方法
なすびの芯をイボに押し付けるという、おばあちゃんの知恵的なもの
・イボに効果があるといわれている”ヨクイニン”の入っているハトムギ茶を飲む

などなど、ネットに転がっていた情報を鵜呑みにしていくつか試してみました。が、これらは私には全く効果はありませんでした。

そんな時、「何か他に効果的な方法はないのか・・・」と色々と探しているうちに見つけたのが、冒頭でご紹介した木酢酢を使って取るという方法です。

これも一か八かやってみようと思い、イボが取れたというレビューが多かったこの木酢液を購入してみました。

その結果、、、

なんと、痛みも無く木酢液でウイルス性イボが取れた!

ネットで購入したその日の夜、お風呂あがりに早速使ってみました。

やり方としてはこんな感じです。

1、綿棒に木酢液をつけ、お風呂上がりのふやけたイボに直接塗りこむ
2、イボが乾いたら、また同じように塗り込む(これを2〜3回続けます)
3、最後は、100均に売っているコットンに木酢液を少量付け、イボに直接当ててテープで固定してそのまま寝ます。

とりあえずこれを3日くらい続けたところ、徐々に変化が現れました。

毎日見ていると、徐々にイボがうっすらと黒っぽくなってきたのです。そして、1週間くらいが経過したころ、この黒い部分がかさぶたのようになり、お風呂上がりにポロッと取れました
 

かさぶた

参照:http://syu.at.webry.info/


おそらくですが、木酢液がイボの内部にしみ込んでいく事で、イボの芯に直接届き、イボウイルスをやっつけてくれたのだと思います。

黒いイボがぽろっと取れた後は、その部分に大きな穴がぽこっと空いていましたが、それは時間とともに治りました。

イボを治すのはもう液体窒素しか無理かなと思っていたので、この時はただただ感動した事を覚えています。しかも、全く痛くないんです。

ちょっと酢の臭いは慣れるまで大変ですが・・・でも、あの恐怖の液体窒素治療に比べると全く余裕です(笑)こんなものでイボが取れるっていうのはめちゃくちゃ意外でしたね。

※あと、ちょっとしたコツですが、大きなイボが最初に取れた後も同じように木酢液を塗ってガーゼをつけると、その周りに黒い小さな斑点がたくさん出てきます。そしてこれらは永遠に出てきます。(体験談)

なので、大きなボス的なイボが取れたら、後はお風呂上りに木酢液を麺棒で塗るだけで良いと思います。私の場合はこれで綺麗に完治しました。
 

スポンサーリンク

Twitterでも木酢液でのイボ取りが話題に!

Twitterでもこの木酢液でウイルス性イボを取る方法が話題になっているようです。

やっぱりみなさん同じようにイボが取れているみたいです。

木酢液はイボに絶大な効果を発揮するという事が分かりますね。

まとめ

ウィルス性イボを木酢液で取る方法、いかがでしたでしょうか?
ここんまでの内容を簡単にまとめておきましょう。

・ウィルス性イボは放っておいたり触ると増える
・木酢液をイボに塗って、塗布したコットンを固定して寝る
・徐々に黒くなってカサブタになったら取れるのを待つ
・イボが取れた後は木酢液を塗るだけでOK
・イボの痕の穴が元通りに戻ったら完治

こんな感じでしたね。

おそらくですが、同じようにイボで悩んでいる方はめちゃくちゃ多いと思います。しかもあの液体窒素は出来る事なら避けたいと思っている方も沢山いらっしゃる事でしょう。そんな方にぜひ一度試してもらいたいですね。

また、ウイルス性イボだけでなく、水いぼや水虫が治ったという経験談もたくさん見かけました。凄いですよね。

しかし、今回ご紹介したのはあくまで個人の体験談です。全員に効果があるわけではないですし、木酢液自体、そういった目的で作られているものではないので、もしやってみるという場合は自己責任でお願いしますね

それでは^^
 
関連:イライラや体がだるい原因はビタミン・ミネラル不足?おすすめサプリメントは?
 

スポンサーリンク