山登り
 
秋になって涼しくなり、アウトドアが気持ちの良い季節になりましたね。このシルバーウィークの連休を利用して、色んなレジャーを楽しんでいる人も多いのでは無いでしょうか?

さて、アウトドアの代表といえば山登り。山登りは肉体的にかなりの体力が必要ですが、若い人だけでなく年配の方も多く楽しんでいます。しかも、年配の方の方が登るのがすごく早かったりして、驚かせれる事もありますよね。

こういった山登りのスピードは、山に登れば登るほど早くなるのですが、山登りをすると体の色んな部分が鍛えられます。その中でも今回ご紹介したいのはインナーマッスル。体幹を鍛えるのに山登りはかなり効果的なのです。
 
今回はインナーマッスルや体幹の強化に山登りが効果的な理由をご紹介したいと思います。
 

スポンサーリンク

体幹やインナーマッスルって何?

 
まず体幹やインナーマッスルというのがどういうものかを説明します。

「体幹」は基本的に体の胴体の部分を指します。頭部、手、脚を除いた部分ですね。お腹、背中、腰回り、この辺りを含めての総称です。体のコアとも呼ばれたりします。

そしてインナーマッスルというのは、体の深層部にある筋肉のコト。体幹には体の表面の筋肉である表層筋、その内部にある深層筋の2種類がありますが、インナーマッスルは後者を指します。

これらを鍛える事で、体力がつくのはもちろんのこと、体を引き締めたり、肩凝りなどの不調から解放されたりと、様々な効果が期待できるのです。

では、どうして山登りをする事で体幹が鍛えられるのでしょうか?
 

山登りでインナーマッスルが鍛えられる理由

 
登山
 
登山をした事がある人はご存知かと思いますが、山は大きな岩や石がゴロゴロ転がっています。きわどいところになると、すぐ下が崖になっていて、ヒヤリとする事も。

そんなところを登っていくスリルもまた、山登りの醍醐味だったりはするのですが、実はこういった平ではない道を歩くのに、ヒトは知らず知らずのうちにインナーマッスルを使用しています。

こういった不安定な場所でバランスを取るにはこのインナーマッスルを使ってうまく重心移動をする必要があるからです。

足場の悪いところでは、一歩踏み出した時にいかにバランスを取るかで進みやすさや体力の消費量が変わってくるのですが、山登りを続けていると様々なパターンの足場に遭遇するため、自ずと深層筋が鍛えられ、それによって体幹も強化されるというコトです。

若い人よりも、年配の山登り経験者の方があっさり山を登れる理由というのはこういったところにあるのです。
 

スポンサーリンク


 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

インナーマッスルの強化に山登りが効果的な理由が分かりましたね。普段あまりアウトドアをしない、という方にも山登りはオススメです。体が鍛えられるだけでなく、自然の中に身を置くだけでもリラックス効果が得られます。そして、何より楽しいです。

今は山登りをするにはもってこいの季節。楽しく体を鍛えたい、という方はぜひ山登りを始めてみてはいかがでしょうか?
 
月一で行きたい!アウトドアで森林浴が体に良い3つの理由

スポンサーリンク


 

こちらの記事もよく読まれています

口癖を直すと人生が変わる?口にするのをやめたい”悪魔の言葉”4選

カフェインでふわふわが増長?めまいでやめるべき食生活まとめ

ニキビを一瞬で治す方法?コップ一杯の水で毒素抜きが凄い

短時間睡眠で疲労回復?眠りの質を高める5つの方法

滑舌悪い人必見!会話を円滑にする効果的なトレーニングはコレだ

お酒に美容効果?本格焼酎が体にもたらす3つのメリット

そばで生活習慣病予防?そば湯を飲むと血液サラサラ効果あり

目の下のクマ改善に効果抜群!カシスの栄養素が驚くほど高かった

朝ウォーキングでダイエット!基礎代謝アップで驚くべき4つの効果

化粧品より凄い?トマトジュースで美白!リコピンの驚くべき美肌効果

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事イイネと思った方はシェアしていただけると嬉しいです。