ダイエット
 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“太りにくい食べ方の順番”について。

痩せたいけど、食べたい

こういった願望をお持ちの方は多くいらっしゃると思います。基本的に、痩せるには摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする必要があるので、何もせずに痩せるというのは難しいです。

しかし、太りにくい食べ方があるとすればどうでしょう?

今回ご紹介する方法を実践すれば確実に太りにくくなり、少しの運動をするだけでも体重が落ちる可能性があります

「ダイエットしたいけど食事制限はあまりしたくない……」

という方はぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【食後の運動】効果的にカロリーを消費するには何時間後がベスト?
 

スポンサーリンク

ダイエットに効果的!太りにくい食べ方の順番はコレ

 
食事
 
それでは早速ご紹介しましょう。

【食べる順番】

1、まず、食事前に水分を摂るのがオススメです。これだけで少しお腹が膨れるので、どか食いの防止になります。もしあるのであれば、炭酸水にするとより効果的です。

2、次に食べるのは野菜。サラダや煮物などの野菜類を摂りましょう。食物繊維のはたらきによって、糖質や脂質、コレステロールの消化吸収を遅らせてくれます

3、野菜を食べた後はおかずです。焼き魚やお肉、みそ汁など、好きなものを頂きましょう。ここで糖質を含まないものを食べるのがポイントです。糖質以外のものであれば好きなだけ食べても大丈夫です。

4、もし料理に芋類や根菜があればここで食べるようにしましょう。これらは糖質を多く含むので、終盤に食べるようにしましょう

5、そして最後にご飯。糖質を多く含む主食を一番最後にもってくることで、そこにたどり着く前に満腹に近くなり、量を減らすことが出来ます

もし満腹に近ければ、無理して食べる必要はありません。最初からご飯を少なめにしておくのも一つの手です。

一番避けたいのが、空腹時に糖質を多く含む主食を食べること。これをしてしまうと血糖値が一気に上がってしまうのです。

「お昼のランチはかつ丼を食べるぜ!」

という時も、なるべく野菜やみそ汁を先に食べてから食べるようにしましょう。
 
関連:【太らない食べ方】ダイエットで痩せたい人が守るべき5つの食事法
 

スポンサーリンク

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

食べる順番を簡単にまとめておきましょう。

1、水(できれば炭酸水)
2、野菜
3、魚やお肉、みそ汁
4、芋類や根菜
5、ご飯、パン

こんな感じでしたね。

「今まで食べる順番なんて気にしていなかった!」

という方は、是非これを機に意識してみてください。これだけで、食後の体調もかなり違ってくると思いますよ^^
 

スポンサーリンク