花粉症
 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“花粉症とみかんの皮”について。

みかんの皮が花粉症の改善に効果的だということをご存知でしょうか?実は、みかんの皮は漢方の世界でも「陳皮」という生薬として使われているくらい、健康に良いのです。

では一体なぜ、みかんの皮が花粉症の改善に効果的なのでしょうか?今回はその辺りについて見ていきたいと思います。

花粉症でお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【試す価値あり】花粉症やアレルギーでツライ鼻づまりを解消する3つの方法 

スポンサーリンク

みかんの皮が花粉症に効果的な理由

 
みかんの皮

ミカンの皮とヨーグルトに含まれる成分を同時に摂取すると、花粉症が和らぐとの研究結果を、愛媛大の菅原卓也教授(食品機能学)らが28日、岡山県で開催中の日本農芸化学会で発表した

花粉症にならない人と比べ、花粉症に悩まされる人は花粉に反応するタンパク質である「IgE」を持っています

この濃度がある一定の基準を超えると花粉症が出る可能性が高くなり、逆に濃度が薄ければ症状は出ません。

花粉症になるかどうかは、リンパ球という種類の白血球がこのIgEをどれくらい作ってしまっているかによるのです。

このIgEが多いと別の白血球にくっついてしまい、ヒスタミンという物質を放出します。それがアレルギー反応となってくしゃみや鼻水をの原因となります。

これがいわゆる花粉症といわれるものですが、そこでみかんの皮が効果的なのです。みかんの皮にはノビチレンという物質が含まれており、これがアレルギー反応の刺激をブロックする働きがあるのです。
 

ヨーグルトと一緒に食べると抜群の効果を発揮

 
ヨーグルト
 
花粉症の改善にヨーグルトが効果的だということは有名ですが、実はこのヨーグルトにもみかんの皮と同じように、アレルギー反応を緩和する働きがあるのです。

しかし、みかんの皮とは違う箇所をブロックする働きがある為、これらを二つを同時に摂取することで花粉症症状の改善に非常に効果的というわけです。

みかんは実よりも皮の方がノビチレンを多く含んでいる為、ヨーグルトと一緒に食べる時は皮を擦りつぶして一緒に食べるか、面倒であればみかんごとミキサーにかけてヨーグルトと混ぜて飲むのが良いでしょう。

目安として、1日にヨーグルト150CCとみかん1個分の皮を摂取すると効果が期待できるみたいですよ。

また、みかんの皮にはノビチレン以外にも食物繊維が豊富に含まれているので栄養もたっぷりです。花粉症の改善以外にも便秘の解消や美容なんかにも効果が期待できそうですね。
 
関連:【予防】花粉症に効くヨーグルト菌の種類と食べ方!プレーンは効果無い?
 

スポンサーリンク

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

みかんの皮にこんな効果があるとは驚きでしたね、これから花粉症持ちの人にとってはツラい季節がやってくるので、試してみようという方はぜひ、今日から始めてみてください。

毎日の習慣にするととっても健康的で良さそうですよね!^^

あ、農薬がついている可能性がある場合は、みかんの皮はしっかりと洗ってからミキサーにかけるように注意してくださいね!

それでは!
 

スポンサーリンク