乾燥肌
 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“乾燥肌に効く食べ物”について。

寒い季節になってくると、肌の乾燥が気になることはありませんか?手の甲がカサカサになったり、お風呂から上がって体を乾かすと無性にかゆくなったり

乾燥を防ぐには、保護クリームを塗ったり部屋に加湿器を置くなど方法は色々とありますが、今回は乾燥を防ぐ食べ物をご紹介したいと思います。

「食べ物なんかで乾燥肌を防げるの?」

と思う方もいらっしゃるかと思いますが、うまく乾燥を防ぐ栄養素を摂り入れる事で、冬でも乾燥しにくい体を作ることが出来るのです

乾燥肌でお悩みの方はぜひ、参考にしてみてくださいね!
 
関連:毛穴の汚れ黒ずみの原因は乾燥?ケアにはオリーブオイルが効果的!やり方は? 

スポンサーリンク

乾燥肌の主な原因は?

 
湿度
 
特に、秋から冬にかけて肌が乾燥しやすいといった乾燥肌の人、いらっしゃいますよね。生まれつきのアレルギー的なものではない場合、乾燥肌の主な原因は気温の低下や空気の乾燥などによる事が多いです。

日本の気候的にも、秋から冬にかけては気温と湿度がかなり変動するので、どうしてもそういった乾燥は起こってきます。寒さと乾燥によって肌のバリア機能が低下してしまい、様々な肌トラブルが起きやすくなるのです。

また、バリア機能低下の原因には寒さによる血行不良やストレス、生活習慣の乱れ、加齢なども挙げられます。

そこでオススメなのが、「食事の内容を見直す」というもの。食生活を見直すことで、乾燥肌もかなり改善されやすくなるのです。

具体的には、

・ビタミンA、B、C、E
・セラミド
・α-リノレン酸
・亜鉛

こういった栄養素を積極的に摂ることが乾燥肌の予防・改善に良いとされています。

更に、肌の水分を保つはたらきを持つ、“細胞間脂質の素”となるものを摂取することが、乾燥肌の改善には効果的です
 

乾燥肌の改善に効果的な食べ物4選

 
オリーブオイル

1、卵

 
まず1つ目は

卵にはご存知の通り、コレステロールや亜鉛、たんぱく質など、肌に良い成分が豊富に含まれています。卵に含まれるたんぱく質には代謝を上げる効果があります。

魚やオリーブオイルと一緒に食べることで、より乾燥肌の改善に効果的です。
 

2、こんにゃく芋

 
2つ目はこんにゃく芋

こんにゃく芋は、セラミドという成分が多く含まれています。セラミドとは人間の肌にもともとある成分の1つで、水分や油分をため込む保湿成分です。

このこんにゃくいもは非常にセラミド含有量が高く、なんと米の約7倍ものセラミドが含まれています
 

3、サバ等の青魚類

 
3つ目はサバなどの青魚

サバやイワシなどの青魚には、細胞間脂質を形成するために必要な「必須脂肪酸」が含まれています。必須脂肪酸は体の細胞膜組織の主要構成成分で、不足すると乾燥肌の原因になります

これらの青魚にはビタミンAも多く含まれているので、肌の潤いを保ち、新陳代謝を正常にする働きもあるのです。
 

4、オリーブオイル

 
4つ目はオリーブオイル

オリーブオイルには、スクワランやポリフェノール、ビタミンA、E、葉緑素など肌に良いとされる成分が多く含まれています

オリーブオイルをそのまま摂る場合は、1日約30ccを食事の1時間以上前に飲むと効果が期待できます。

また食用だけでなく、直接肌に塗っても効果があります。
 
関連:毛穴の汚れ黒ずみの原因は乾燥?ケアにはオリーブオイルが効果的!やり方は?
 

スポンサーリンク

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

ここまでの内容を簡単にまとめておきましょう。

・乾燥肌の原因は気温や湿度の変化であることが多い
・乾燥肌は食べ物で予防・改善することができる
卵、青魚、こんにゃく芋、オリーブオイルが効果的

こんな感じでしたね。

湿度を上げたり、クリームで対応しようとしてもどうしても乾燥が酷いという場合、ぜひ今回ご紹介した食べ物を積極的に摂るようにしてみてください

それでは!
 
関連:乾燥肌の原因はボディソープ?石鹸も使わない“タモリ式入浴法”とは?
 

スポンサーリンク