ボディソープ
 
どうもこんにちは、管理人のハルです。

今回のテーマは“ボディソープ”について。

ごくごく普通の生活を送っている方は、お風呂に入る時はシャンプーで頭を洗い、ボディソープや石鹸で体を洗う。これが普通ですよね。

しかし、実はこのボディソープを使って体を洗うというコトには意外なデメリットが存在するのです

ボディソープやシャンプーを使わない入浴法はタレントのタモリさんも推奨しているらしく、“タモリ式入浴法”とも言われているみたいです。そしてなんと、あの福山雅治さんも実践されているそうですよ。すごく意外ですよね。

今回は、ボディソープを使うデメリットと、オススメの体の洗い方をご紹介します。

是非、参考にしてみてくださいね。
 
関連:【氷入浴法?】疲労回復やアンチエイジングに効果的なお風呂の入り方
 

スポンサーリンク

なぜボディソープを使わない方が良いのか、デメリットは?

 
お風呂
 
肌の表面には善玉菌がたくさんいるのをご存知でしょうか?

実は普段はこの善玉菌が酸性の膜を作り、肌を保護してくれているのです。

しかし、ボディソープを使ってゴシゴシ洗ってしまうと、これらの善玉菌や肌に必要な皮脂まで一緒に落としてしまう事になり、結果、肌を保護するバリア機能が低下し、乾燥肌肌荒れといった症状を招いてしまうことになります

あの福山雅治さんがボディソープを使わないのもまさにそういった理由からだそうです。どうやら乾燥肌らしく、これらを使ってしまうとお風呂上がりに痒くて痒くて仕方がないのだとか。
 

ボディソープや石鹸を使わなかったら不潔じゃない?

 
普段からボディソープや石鹸を使うのが当たり前になっている方は、

『使わなかったら汚れが落ちないし、不潔じゃない?』

と、思われるかも知れませんが、実はお湯だけでも十分に汚れは落ちるのです

ただしその場合、なるべくシャワーだけではなく湯船に浸かるようにしてください。そして、肌をタオルでゴシゴシするのではなく、手でなでる要領で体を洗ってあげるのがオススメです。
 

それでも使いたいという人にオススメのボディソープの使い方

 
とはいえ、ハードな仕事や運動の後、また夏場などは大量に汗をかくので、耳や首の後ろ、わきの下などが気持ち悪いこともあるでしょう。

お風呂上がりは良い匂いをさせたいですし、ボディソープを使わなかったらどこか気持ち悪いという方に、オススメの使い方をご紹介しましょう。

ボディソープを使う時は、泡立てネットなどを使い、ボディソープをよく泡立て、その泡で優しくなでるように洗うのがオススメです。

それだけでも十分に汚れは落ちますし、無駄に善玉菌を落としてしまうこともありません。

なるべく強い力でゴシゴシするのは避けるようにしてくださいね。
 

スポンサーリンク

もし使う場合はこれらのボディソープがオススメ

 
もし、どうしてもボディソープは欠かせないという場合は、

・泡立ちが良い
・低刺激なもの
・保湿力が高い(使用後に乾燥しにくい
・なるべく天然素材を使用している

こういったタイプのものを選ぶのが良いでしょう。
 

 
「乾燥肌が気になる、けどボディソープは使いたい」

という方には、このあたりのボディソープがオススメです。

是非試してみてはいかがでしょうか?
 

まとめ

 
ボディソープを使うデメリットとオススメの体の洗い方、いかがでしたでしょうか?

簡単にポイントをまとめておきましょう。

・ボディソープでゴシゴシすると善玉菌が洗れ、肌荒れや乾燥肌の原因に
・お湯に浸かって体をなでるだけでも汚れは落ちる
・ボディソープを使う場合はよく泡立てて、その泡で優しく洗うのがオススメ
・もし使う場合は泡立ちがよく低刺激、天然素材のものを選ぶ

こんな感じでしたね。

なんでこんなに体が痒いんだろう、乾燥肌がひどすぎる、という方は無意識のうちにボディソープを使いすぎてはいませんでしたか

ぜひ一度、ご自身の入浴法を見直してみてくださいね。

それでは!
 

スポンサーリンク