顔のコリ 
今回のテーマは“顔のコリ”について。

「肩や首がこったな」と感じることはあっても、「顔がこってるな」と感じる方は少ないですよね。自分では意識しないと分からないのが顔のコリ。しかし、実はほとんどの女性にはこの顔のコリがあるのです

額や鼻の下、あごなど顔の表面を指の腹で強めになぞっていったときに、ボコッとしたところがあれば、それが顔のコリです。顔のコリに気づかずそのままにしておくと、いろいろなところに悪い影響が出てきてしまいます。そこで今回は、そんなコリの改善方法をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【頭が疲れた時に試して】糖分で解消?脳の疲れを取る3つの方法
 

スポンサーリンク

自覚症状なし?実はあなたの顔も凝っている!

 
コリの改善方法

こんな人は要注意しよう

笑顔でしゃべることが多い、接客業や営業などの方は要注意です。筋肉は使いすぎても使わなさ過ぎても固まってしまいます。笑顔の上に、さらにしゃべり続ける営業のような職種だと、さらに顔の筋肉は疲れてしまいます

また、つい眉間にシワを寄せるくせのある人や、目を大きく見せたくて目に力を入れるクセのある人も凝りやすくなっていますので注意しましょう。

顔のコリが原因で起こる悪影響とは

1.頭痛の原因に
顔と頭は繋がっているので、顔から頭全体の筋肉が凝り、血流の流れが悪くなります。これが目の疲れからくる頭痛の原因です。

2.ほうれい線やシワの原因に
表情筋と繋がっているほうれい線やシワなど美容の敵は、顔のコリからできやすくなるといわれています。

3.目のクマの原因に
こめかみにこぶしをあて、ゆっくりまわします。この時、ゴリゴリした感触があった場合、放置すると目の下のクマを引き起こす原因となります。

簡単マッサージで顔のコリを改善しよう

1.指でコリをつまむ
親指と人差し指を使い、頬の上の筋肉や頬まわりなど、痛気持ちいいくらいの強さで揉みほぐします。顔筋を柔らかくすると、血流やリンパも流れるので効果的です

2.大きく口を開ける
口を大きく広げて、10秒キープしましょう。仕事に集中して、歯を食いしばっていると、頭の筋肉にも力が入ってしまいます。これが頭痛の原因にもなりますので、口を開けてほぐしましょう。

3.ゆっくりとまばたきする
まず目を閉じて、5秒かけてゆっくりと気持ちのいいくらいの力を加えていきます。また5秒かけて、ゆっくりと目を開けていきます。こうすることで目のまわりのコリを解消できます。
 
関連:【目の老化防止】疲れ目に効く栄養素とクマを解消する簡単トレーニング!
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気づかない方が多いですが、一度顔を触ってみてください。そのままにしておくと、頭痛やシワ、クマの原因になってしまいます。気付いた時に、マッサージをしてこりをほぐして血流を良くしてあげましょう

それでは!
 
関連:【PCやスマホが原因?】疲れ目からくる頭痛を解消する3つのツボ
 

スポンサーリンク