高血圧 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“高血圧と青魚”について。

・塩分の取りすぎ
・運動不足
・肥満 …etc

高血圧の原因としてパッと思い浮かぶのはこういった内容ですが、これらが当てはまる方は油っこい食べ物やお肉中心の食事をされている方が相対的に多い傾向にあります。

こういった食事を続けていると、高血圧はもちろんメタボや糖尿病、心臓病など、あらゆる生活習慣病を引き起こす原因となってしまいます。

そんな方にお勧めしたいのが青魚。青魚は体に良いとよく言いますが、高血圧をはじめ、生活習慣病の予防・改善には非常に効果的な食べ物なのです。

今回は高血圧の予防・改善に効く青魚の効果について見ていきたいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【高血圧対策】バナナで改善?濃い味が好きな人が摂るべきはカリウム!
 

スポンサーリンク

青魚には血液サラサラ成分がたっぷり!

青魚 
青魚といえば、さんまやいわし、サバなどが有名ですが、これらの脂肪分には、

・n-3系多価不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)
・DHA(ドコサヘキサエン酸)

こういった成分が豊富に含まれています。

DHAというとよく「血液サラサラには”DHA”」みたいなCMもやっているのでご存じの方も多いかとは思いますが、血液中の悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪を減らし、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

またそれだけでなく、ストレスの緩和や免疫力のアップ、血管を詰まらせる原因となる血栓の予防にも効果的なのです。

食事やサプリメントから摂取しよう

これらは基本的に体内では合成することが出来ない成分なので、さんまやイワシなどの青魚やサプリメントから摂取するしかありません

そこで気を付けたいのが、EPAやDHAといった成分は体の中で酸化しやすいといった特徴もある為、なるべく新鮮なうちに食べるか、ビタミンやポリフェノールといった強い抗酸化作用を含む食品と一緒に食べるのがオススメです。

理想的なのは、新鮮なお刺身にネギやシソ、ミョウガなどをたっぷりと乗せ、絞ったレモンをかけて食べるのが良いでしょう。

これであれば青魚の持つ栄養素を万遍なく摂ることができ、かつレモンの効果で高血圧の予防・改善に非常に高い効果が期待出来ます。
 
関連:高血圧の予防対策にレモンが効果的な理由!皮が中性脂肪を防ぐ?

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

若いうちは塩分の高い食事や油ものを沢山食べてもまだ平気ですが、年齢を重ねるごとに徐々にこういった魚や野菜中心の食事に変えていくのが理想です。

高血圧になってしまってからではなかなか下げるのも大変です。「自分の食事、ちょっとこのままではヤバいかも……」という方はこれを機に見直してみてはいかがでしょうか?

ぜひ参考にしてみてくださいね!

それでは!
 
■高血圧の解消にオススメはこれ
爆発的に売れてます!高血圧サプリメントの決定版【きなり】
 

スポンサーリンク