イライラする
 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“心臓病とイライラの関連性”について。

肥満や糖尿病、高血糖、高血圧といった生活習慣病が引き起こす怖い病気の一つに心臓病があります

心臓病といえば、心筋梗塞や心臓発作といった病気が有名ですが、実はこれらの症状を引き起こす原因には、精神的な部分も大きく関係しているのです。

特に普段からすぐにイライラしたりカッカするといった、怒りやすい方は要注意です。

今回は、イライラによる高血圧がどれほど心臓病を引き起こすリスクがあるのか、それらについてご紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【生活習慣病予防】水を飲むと血液サラサラに?”おさかなすきね”を摂ろう! 

スポンサーリンク

研究でも証明!イライラがもたらす心臓病のリスク

 
高血圧
 
「あぁ〜イライラする!」
「もう、何なんだよ!」
「一体どうなってるの?!」
「ムカムカ…ムカムカ…」

日常生活において、こういったイライラ感情がすぐに湧いてくるという方は、そうでない人と比べて、発作的な心臓病を発症してしまう可能性がかなり高いのです

これは、ハーバード公衆衛生大学院の研究で実証されていて、怒りと心臓病の関連を調べた9件の研究を解析して判明しています。

激しい怒りがどれくらい危険なのかというと、穏やかなままで過ごすのと比べて、約4.7倍も心臓病を引き起こしてしまうリスクが高まります

例えば、もともと心臓病のリスクがない人でも、1日のうちに5回激しい怒りを感じると、1万人当たり年間158回の心臓発作が起こる可能性があるのだとか。
 

じゃあ、もともと心臓病のリスクがある人は?

 
もともと何かしらの心臓病のリスクを抱えている人に関しては、158回の約4倍、およそ630回まで心臓発作が起こる可能性が高くなるという事が分かっているそうです。

これは驚きですよね…。

どういうメカニズムで怒りが心臓発作を引き起こすかというと、怒りの感情を含むストレスは血管障害を引き起こすのです。

もし普段からメタボや糖尿病といった生活習慣病を抱えている人は、血管が細くなっていたり、血液がドロドロになっている可能性があるので、こういった血管障害が起きることで、血管が詰まってしまうということですね。
 

スポンサーリンク

では怒りやすい私はどうすれば良いの?

 
疑問
 
こればかりは、怒らない人になるしか方法がないのですが、そもそも怒りやすい人というのは、ビタミンやミネラルが不足しがちな傾向にあります。
 
関連:イライラや体がだるい原因はビタミン・ミネラル不足?おすすめサプリメントは?
 
マルチビタミンサプリメントを飲むのも良いですし、ストレスを発散できる趣味を見つけるのも一つの手段でしょう。

こういった書籍もあるので、一度読んでみるのもオススメです。


ちなみにこの研究では、強い怒りが週に一度程度であれば、特に心臓病を引き起こすリスクも低いようです。

もともと怒りやすい人が、いきなり仏のような人になるのはどうしても難しいので、日々の生活の中で、徐々に怒らない技術を身につけていくのが良いでしょう。
 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

普段、何気にイライラしたり強い怒りを感じる事がどれだけ体のストレスになり危険をもたらしているか、という事がお分かりいただけたかと思います。

「俺、私、ちょっと危ないかも……」という方は、是非これを機に意識していくようにしてくださいね。

健康でいるにはやはり穏やかが一番です。普段からリラックスした生活を心がけていきましょう。

それでは!
 
オススメ:爆発的に売れてます!生活習慣病サプリメントの決定版【きなり】

スポンサーリンク