言ってはいけない言葉 
今回のテーマは“今すぐやめたい口癖”について。

日々の生活の中で、無意識の内にネガティブな発言をしてまっている事はないでしょうか?言霊(ことだま)という言葉があるように、口に出した言葉というのはほんのささいな内容でも少なからず自分に、そして周りに影響を与えます。

ネガティブな発言は周りにはもちろん、自分にとってもマイナスでしかありません。そういった発言ばかりしていると、引き寄せの法則で同じようなネガティブな人ばかりが周りに集まってきます。

逆に、前向きな考え方でポジティブな言葉を使っていると、同じようにポジティブな人が周りに集まってきます。せっかくだったら、自分の周りは明るくて楽しい人達が多い方が人生楽しいですよね。

今回は無意識のうちに使ってしまいがちな4つのネガティブな口癖をご紹介します。
 
関連:【幸せ脳の作り方】バナナでネガティブ解消?セロトニンを増やす5つの習慣
 

スポンサーリンク

今すぐやめたいネガティブな4つの言葉

ネガティブな言葉
今から挙げる言葉はついつい口癖で使ってしまいがちな言葉ですが、そういった時はなるべく前向きな言葉に変えてあげる事で、自分にも周りにも良い影響を及ぼします。

あなたはついつい言っちゃってませんか?是非、一度チェックしてみてくださいね!

1.でも、、、〜だから

「でも、、、〜だから」

人に何かを提案されたり、頼み事をされた時に思わず言ってしまいがちなこの言葉。自分に自信が無かったり、言い訳を作る時に思わず出てしまう事がありますが、これはせっかく言ってくれた相手に良い印象を与えませんよね。

私の好きな言葉に“頼まれ事は試され事”という言葉があるのですが、「ちょっと嫌だな…」と思った時は逆に「自分は今試されているんだな?」とポジティブに切り替えて無理難題な内容でなければなるべく「Yes!」と答えるようにしています。

これだけで「よし、やってやるぞ!」という前向きな気持ちになる事が出来ます。

ちょっと大変だけど、これをやったら自分のレベルアップになるのでは?」なんて思えるようになれればグッド!

2.しんどい、疲れた

「あ〜しんど・・・疲れた。」

仕事などで一息ついた時に思わず発してしまってませんか?確かに体力的に、または精神的にしんどい時は誰にでもありますが、この言葉を発しても元気になる事はありません。仮に周りが「しんどいよね」と同意しても、そこには“しんどい現状”しかありませんよね?

そんな時は、「疲れたけど、あとちょっとだし頑張ろう!」という前向きな言葉に変えてあげる事で、周りも自分も少し楽になります。この“あと一言”が非常に重要だったりするわけです。そういう場面に出くわしたらちょっと一言、ポジティブな言葉を付け加えてみてください

3.忙しい

日々の作業や業務に追われてついつい言ってしまいがちな「忙しい」という言葉。

これに関しては、特に人に嫌な印象を与える言葉ではないと思いがちですが、この言葉を使う事と自分に余裕が持てなくなり、人に思いやりをもって接する事が出来なくなってしまいます

あの芸能人のベッキーさんも言っていましたが、「忙しい」という漢字は“心を亡くす”と書きます。

どうしても忙しい時はあると思いますが、逆に「今はとっても充実している」と考える事で気の持ちようも変わってきますので、何事も陽転思考でポジティブに考えるようにしましょう!

4.時間がない

時間がない
「〜やりたいんだ。でも時間がない。

これはよく耳にする言葉なのですが、本当に時間はないのでしょうか?時間は誰にでも1日24時間平等に与えられています。やらない人は時間がない事を言い訳にしてしまいがちですが、やる人は寝る時間を削ってでも時間を作ります

もしやりたいと思う事が本当にやりたい事なのであれば、何とかして時間を作るべきです。人生は1回しかありません。限られた時間でやりたい事をやる為にまずは時間を作るところから始めてみてはいかがでしょうか?
 
関連:【幸せホルモン】30秒でストレス解消?ハグをすることで得られる4つの効果
 

スポンサーリンク

まとめ

“今すぐやめたいネガティブな4つの口癖”いかがだったでしょうか?

「ついつい言っちゃってたな〜」という言葉もあったのではないでしょうか。もしかすると何個か当てはまったという方もおられかも知れませんが、これも考え方次第でプラスになりますよね。これを読んで「今後はネガティブな言葉に気を付けよう」という方が一人でもいれば、私も嬉しい限りです。

“ネガティブをポジティブに”

これらを意識する事で、自分や周りに確実に変化が現れます。ぜひ、試してみてくださいね!
 


スポンサーリンク