鏡 
どうも、管理人のハルです。

朝、鏡を見るとまぶたが腫れぼったい、目頭が重たい、ひどい時は二重が一重になっているなんて事はありませんか?

「せっかくのデートが・・・」
「今日は大事な商談があるのに・・・」

目元が腫れていると、どこかふてぶてしい表情になってしまい、第一印象が台無しになってしまう事も少なくありません。

なぜ、寝起きはまぶたが腫れやすくなってしまうのか、それらを避け、改善する方法はあるのか、今回はそれらについてご紹介したいと思います。

寝起きに顔がむくみやすいという方はぜひ参考にしてみてください。
 
関連:慢性的なむくみの原因は冷え?自律神経の改善にお尻ウォークが◎
 

スポンサーリンク

寝起きに瞼が腫れる(むくむ)原因は?

 
まぶたが腫れる 
まぶたは、皮膚組織の中でも一番と言っていいほど皮膚が薄い場所と言えます。敏感に体調不良などを感じやすい場所とも言える部分です。

では、なぜ朝起きたらまぶたが腫れる症状が出るのでしょうか。その一番の原因は、まぶたの皮膚の下部に水分や液体成分が溜まる事による症状が主となっています。

一日の疲れを取る睡眠時、人は体を横にして寝ます。日中は頭が主に上を向いている状態ですが、睡眠時は頭が体と水平になる為、重力の関係上、水分が皮膚の薄い目元に溜まってしまうのです。

また、アルコールの摂取や、寝る前に水分を余分に取ってしまう事もむくみが起こりやすい原因の一つです。

ではこれらを防ぐ対策、治す方法について見ていきましょう。

瞼の腫れを防ぐ対策と、腫れてしまった時に出来る解消法

 
アルコール 
まぶたの腫れを防ぐ為に自分で出来る対策としては、むくみを溜めないよう、腎臓に負担をかけない程度にアルコールの摂取を抑える事が大切です。

まぶたの腫れはむくみにも関係のある症状なので、寝る直前になるべく水分を取らないように計算して摂取することや、食事に関しても、なるべく塩分の控えめな食事を摂るなど、まぶたの腫れを事前に防ぐ事を意識した生活を心がけましょう

そして、なるべく就寝時は、重力を考えて仰向けで寝るように心がけるのが効果的です。

もし万が一まぶたが腫れてしまった際の対処方法としては、目元の血行を上手に流れるように整えてあげましょう

簡単な方法としては、温めたタオルを顔の上に置き、パックをする容量で顔全体を温めてあげる方法や、冷たい水を使って洗顔を何回か繰り返す方法が効果的です。

また、むくみも原因の一つの為、首回りにあるリンパ線をマッサージして、リンパの流れを正常に促してあげる事も良い解消方法です。リンパ線は、ちょうど首の後ろにある中央の骨にそって流れているので、そのあたりを指で上下にさすってあげると効果的です。
 
関連:【クマが治った】目の下の血流の改善にはリンパマッサージと漢方が効果的
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ここまでの内容を簡単にまとめておきましょう。

・まぶたは皮膚が薄いため、水分が溜まりやすい
・寝る前はアルコール量、水分、塩分を控えるのが大切
・寝る時は仰向けで寝ると瞼が腫れにくい
・むくみはリンパマッサージで解消するのがオススメ
・瞼が腫れた時は目元の血行を良くしてあげると効果的

こんな感じでしたね。

目元が腫れた前日を思い返すと、「お酒をいっぱい飲んだなぁ」という事はありませんか?かくいう私もお酒を飲むともれなくむくんでしまうタイプなので、普段からなるべく気を付けるようにしています。

目元で相手に与える印象はかなり変わりますから、特にまぶたが腫れやすいという方は注意が必要ですね。

もし、朝まぶたが腫れてしまった、明日は絶対に避けたい、という場合は、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください。
 
関連:【ピクピク】瞼の痙攣やイライラの原因はカルシウム不足!治し方は?
 

スポンサーリンク