イライラする
 
「イライラするのはカルシウム不足じゃない?」

というのはよく言われる事ですが、なぜカルシウム不足がイライラの原因になるのかはご存知でしょうか

また、瞼がピクピクと痙攣していて、なかなか治らない事ってありますよね。これも実はカルシウムが足りていない事が原因で起こっている可能性があるのです

今回はなぜこれらがカルシウム不足によって引き起こされるのか、またそれらを治すのに効果的なカルシウムの摂り方はあるのか、それらについてご紹介していきたいと思います。
 
関連:【よりシンプルに】瞑想で悩み解消?私が実感した3つの効果
 

スポンサーリンク

瞼の痙攣やイライラがカルシウム不足によって起こる理由

 
まぶたの痙攣
 
では早速、ご説明していきましょう。

まず瞼のピクピクについてご説明しましょう。

ご存知の通り、カルシウムは骨を形成するのに大切な栄養素ですが、それと同時に筋肉の収縮にも深く関わっています

カルシウムが不足するとその筋肉の収縮活動が低下してしまう為、瞼がピクピクと痙攣してしまうのです。また足がつったりするのも実はこの筋肉活動が低下している証拠です。

筋肉と骨、一見関係がないように思いますが、実は深く関わっているという事です。

次にイライラについて。

カルシウム不足は骨や筋肉活動だけでなく、脳の神経細胞の働きも低下させます。脳の細胞の働きをコントロールできなくなると、それがイライラとなって現れるのです。

また、イライラを落ち着かせるためにタバコを吸う事も、実はさらにカルシウム不足を引き起こす原因になるのです

「最近、どこか情緒不安定だな」と感じる場合は一度カルシウム不足を疑ってみましょう。

日本人は特に、土壌や河川にミネラル分が少ない事など、環境的な部分でもカルシウムが取りにくいと言われています。では効果的にカルシウムを摂るにはどうすれば良いのでしょうか?
 

ピクピク・イライラを解消する効果的なカルシウムの摂り方

 
カルシウム
 
牛乳やチーズ、小魚などに多く含まれているカルシウム

これらを食べるともちろんカルシウムの摂取は出来ますが、カルシウムの働きを手助けしてくれるビタミンDマグネシウムと一緒に摂るようにすると、もっと効果的に摂取する事ができます

ビタミンD・・・イワシ、サンマなどの青魚、卵、きのこ類
マグネシウム・・・大豆、アーモンド、ひじき、わかめ

これらに多く含まれています。カルシウムを2とすれば、マグネシウムは1の割合で一緒に食べるのが効果的です。

ぜひ、参考にしてみてください。
 

スポンサーリンク


 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

イライラがカルシウム不足からくるのは何となく知ってはいたけれど、瞼の痙攣も同じ原因だったというのは知らなかった方も多いのではないでしょうか?

カルシウム不足はこれだけではなく、将来的に見ると骨粗鬆症(こつそしょうしょう)というコワい病気にも繋がります

・最近よくイライラする
・瞼の痙攣が止まらない
・足がつりやすい

これらが当てはまる方はぜひ、早いうちからカルシウムを摂るようにしていきましょう
 

スポンサーリンク