睡眠 
どうも、管理人のハルです。

今回は“正しい枕の選び方”について。

・夜なかなか寝付けない
・なんだか寝起きがスッキリしない
・睡眠を取ると体がいたい(首や腰)

こういった症状でお悩みの方は、もしかすると枕が体に合っていない可能性が考えられます。

何となく「コレでいいや」と枕を選んでしまってはいないでしょうか?夜から朝まで約6〜7時間前後同じ体勢でいるのですから、体に合っていない枕を使い続けていると、上記のような症状が出てもおかしくはありません。

今回はどんな枕が自分に合っているのか、正しい枕の選び方をご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。
 
関連:睡眠は量より質!上質な眠りをつくる5つのリラックス法
 

スポンサーリンク

正しい枕の選び方はコレ

 
枕の選び方 
それでは早速、正しい枕の選び方をご紹介しましょう。ポイントは3つあります。

1.立っている時の姿勢と同じ姿勢を保てるもの
2.高過ぎず低すぎず、頭が少し沈み込むもの
3.寝返りを想定し、無理なく寝返りを打てるもの

これらの条件を満たした枕が自分にあった枕といえるでしょう。

枕が高すぎると、あごが引けた状態になり、気道の圧迫から呼吸がしにくくなります。それだけでなく、首や肩に負担がかかって血行が悪くなり、頭痛や肩こり、いびきを引き起こす原因になってしまいます。

また、逆に低すぎると後頭部が後方へ下がってしまい、寝違いや肩こりを引き起こしてしまいます。頭は心臓より高い位置になるようにして下さい

理想は、頸椎(頭を支える骨)が自然なカーブを描き、立っている時と同じ状態になることです。高過ぎる枕を使い続けていると猫背と同じ状態なので、ストレートネックになってしまう原因にもなります。なってしまってからではなかなか改善しにくいので、なるべく早いうちから気をつけておきましょう。
 
関連:【眠りのNG習慣】睡眠の質で疲れが溜まる?ありがちな5つの原因
 

スポンサーリンク

この枕がオススメ!

そこでオススメはこの枕、“The Pillow”(ザ・ピロー)



「地球で眠る、すべての人へ」というキャチコピーが目を惹きますが、このザ・ピローは、睡眠時に首や肩にかかる負担を最小限に抑えるだけでなく、まるで浮くような感覚で心地よく眠れるように設計されています。

・1日20〜30回の寝返りを想定した造り
・自分にあった高さの枕が選べる(調節シートも付属)
・通気性が抜群(清潔感を保てる)
・変形しても安心の7年保証付き

まさに“安眠のため”に作られた枕ですよね。

枕選びで悩んでいた方はぜひ一度チェックしてみてくださいね!
 
The Pillow(ザ・ピロー)について詳しくはこちら

まとめ

 
寝起きスッキリ 
いかがでしたでしょうか?

枕選びは非常に大事だということが分かりましたね。実は、普段何気なく使っている枕が体の不調を引き起こしてしまっている可能性もあるです。

毎日摂る睡眠ですから、出来るだけ質の高い睡眠を摂りたいですよね。ぜひ、今回の内容を参考にしてみてださいね!
 
関連:お肌のゴールデンタイムは何時?肌荒れを解消する理想の睡眠時間は7時間!
 

スポンサーリンク