目薬 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“目薬の使い方”について。

目薬といえば、どんな方でも手軽に購入できるとても身近な薬の一つですよね。また、パソコンと向き合う時間が多い時代なので、ドライアイや疲れ目の解消に目薬は欠かせません。

何気なく使用している目薬ですが、間違った点眼をするとかえって症状を悪化させたり、目薬の効果を減少させてしまう場合があったのです。そこで今回は、実は間違っていた目薬の使い方をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:目の疲れやドライアイに効く!目薬の正しいさし方とパソコンの姿勢
 

スポンサーリンク

目薬は使用方法を誤ると効果が減少する

 
手洗いをする

効果を減少させるNGな目薬の使い方

1.使用前に手を洗っていない
汚れた手で容器に触れたり、目薬の先を目の中に入れてさしてしまうと、そこから細菌が中へ入り込んで繁殖し、汚い目薬をさしてしまう事になります。目薬をさす前には必ず手を石鹸で綺麗に洗って清潔にしましょう

2.目薬の先端がまつ毛に触れている
まつ毛や目の周りにも細菌が付着している恐れがありますので、必ず目から少し離して使用しましょう。

3.点眼後、目をパチパチする
目と鼻は繋がっているので、必要以上に目をパチパチすると鼻やのどの方へ目薬が流れていってしまいます。点眼後は目を閉じて、しばらくの間目頭より鼻側のあたりを押さえるようにしましょう

4.目薬を1滴以上使用している
1回の使用量は、医師の指示に従う必要がありますが、通常の薬剤は1滴で十分です。目薬の1滴は50ml程度ですが、目には液体を30ml程度しか収容できないので、何滴さしても溢れてしまうだけで薬の効果は変わりません。

5.目薬を併用している
2種類以上の目薬を使用する場合は、間隔を5分以上あけて点眼しなければ、目薬同士が混ざり合って一方の目薬の効果を著しく低下させてしまい、副作用などの可能性もあります

6.使用期限が切れている
多くの目薬は開封後1ヶ月という使用期限が設けられています。古い目薬を使うと、変質した薬液で目の表面に傷をつける恐れがあります
 
関連:【今日からできるケア】目の疲れやドライアイを解消する5つの習慣
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

目薬を使用する時は、まず手を洗って清潔にしましょう。狙いを定めるからと言って目やまつ毛に付かないように気を付けて下さい。間違っていた方法に注意して、正しい使い方で効果的に使用しましょう。

それでは!
 
関連:【ドライアイ】疲れ目の解消にビタミンBが効く!オススメの食べ物は?
 

スポンサーリンク