耳かき 
今回のテーマは“耳かき”について。

耳かきって気持ち良いですよね。ちょっと時間があればついついやってしまっている方も多いのではないでしょうか。

でも、やり過ぎてしまって耳を傷めたり、ひどい時は血が出てしまったりという経験はありませんか?実は、耳かきをやり過ぎると、カラダに悪影響をもたらしてしまう可能性があります。そこで今回は、耳かきの正しい頻度とやり過ぎると起こる悪影響をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:花粉症の予防対策には“鼻うがい”がオススメ!やり方をご紹介
 

スポンサーリンク

耳かきのやり過ぎはとんでもないことに!

正しい耳掃除

耳掃除が気持ち良いワケ

耳掃除って気持ち良いですよね。これは、「迷走神経」という神経が刺激されて生じる感覚のためだと言われています。

ついついやってしまうのは、この感覚を感じたいが為かもしれませんね。

頻繁に耳かきするのはNG!

意外かも知れませんが、耳あかには抗菌作用があるので、取り過ぎてしまうと逆にカビが生えたり、菌が増えたりする可能性があります。

また、耳かきのやりすぎで耳あかが耳の内部の深くに入ってしまうと外耳道を詰まらせてしまって聴力を失ってしまったり、鼓膜が破れることもあります。慢性の外耳道炎は、耳あかの取り過ぎによることも多いので、耳あか掃除は適度に間隔を開けて行うのが良いでしょう

耳あかは勝手に出ていく?

耳あかの正体は、耳の内部の皮膚が新陳代謝によって剥がれ落ちたものや、耳に入りこんだゴミやほこり、耳からの分泌物などが混ざり合い、それらが溜まったものです

外耳道は耳あかを自然に外側へ排出するような働きがある為、食事や会話などの顎を動かす動作をすることで、古い耳あかが外耳道から外に出ていきます。全て出て行くわけではありませんが、ある程度は自然と体外へと排出されます。

正しい耳掃除の頻度とやり方は?

耳掃除の頻度は、1ヶ月に1回、多くても週1回程度が良いとされています。

耳あかは、耳の入り口から約1センチぐらいの所に溜まるので、耳かきを深く入れ過ぎてしまうと、逆に耳あかを奥に押し込んでしまったり、耳内部の皮膚を傷つけてしまう可能性があります。

乾いた耳あかの人は、頻繁に掃除はしなくても良いのです。逆に湿った耳あかの人は、耳かきや綿棒で外へ取り出すようにしましょう。

溜めすぎるのも良くないですが、外耳道を保護している耳あかを根こそぎ取るというのもトラブルの元に。程度な頻度で取りすぎにも注意しながら行いましょう。
 


 
関連:爪もみ健康法でダイエット効果!自律神経を整えるやり方はコレ!
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

耳かきはとても気持ちよくリラックスできますが、やり過ぎは禁物です。カビが生えたり、菌が増殖してしまう可能性があります。耳あかは、自然に耳から外へ出ていくようになっていますので、月1回程度を目安に行うようにしましょう。

それでは!
 
関連:肩こりが30秒で治るストレッチ?解消する3つの方法がこちら
 

スポンサーリンク