筋トレ
 
こんばんは、ハルです。

今回のテーマは”筋トレ”。

日頃から筋トレをして体作りを心がけている人にとって、朝食を抜いてしまうのはNGだという事をご存知でしょうか?

前日にトレーニングをし過ぎて、疲労の為、朝食を摂る気がしない、というような事が度々あるという人は要注意。

これは”筋トレにおける体作り”という点からすると全くの逆効果なんですね。

今回は筋トレで体作りをする際に朝食抜きがNGな理由と、逆に寝起きに食べるべき食事についてご紹介します。

我こそは絶賛筋トレ中!という方は是非参考にしてみてくださいね!
 
関連:【痩せる】ランニングでダイエット!太りにくい体質を作るには筋トレ後が◎ 

スポンサーリンク

筋トレにおける体づくりで朝食抜きがNGな理由

 
朝食抜き
 
まずは筋肉がどのように成り立っているかをご説明しましょう。

筋肉というのは常にアミノ酸に分解されていて、その分解されたアミノ酸と、食事で摂取したアミノ酸が合成してまたタンパク質になります。

普段はこの分解と合成が繰り返される事で筋肉を保っていますが、ここに筋トレを入れる事によって筋肉に刺激がいき、さらにこのタイミングでタンパク質
や糖質を摂る事で、分解よりも合成の頻度が上回り、筋肉が付くというわけです。

しかし、筋トレ時に『合成>分解』となるのに対して、一日の中で『合成<分解』となる時間帯が存在します。

そう、それが深夜から朝方に掛けての朝の時間帯です。

この時間帯は基本的に食事をしないので、体はエネルギーを消費する一方になりますよね。ですので、一日の中で最も筋肉のタンパク質がエネルギーとして分解されやすい時間帯なのです。

なので、朝食を摂らないという事は前日の夕食以降、次の日のお昼までタンパク質が分解されていくだけなので、結果、いくら筋トレをしても筋肉が付きにくくなってしまうという訳です。
 

スポンサーリンク

朝食に食べるべき食事はタンパク質と糖質

 
タンパク質
 
では、朝食の食事に何を食べると一番効果的かと言うと、やはり筋肉を形成するタンパク質を摂る事が理想です。

またタンパク質だけでなく、糖質やビタミンB群も一緒に摂ると筋肉を付けるのにかなり効果的といえるでしょう。

具体的にいうと、卵にご飯、納豆、キムチなんかがオススメです!

朝、「あんまり食欲無い……」という時も、前日に筋トレをしているのであれば分解されていくのはとっても勿体ないですよね。

ご飯に卵をかけて、卵かけご飯だけでも食べちゃいましょう!味噌汁があればなおGOODですね!
 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

トレーニングをし過ぎたりすると、次の日は体が悲鳴を上げてしまっているという日もあるかも知れませんが、そういう時こそ体づくりには最適なのです。

しっかりとタンパク質や糖質などの栄養を摂って筋肉を付け、理想の体づくりをしていきましょう!

それでは!
 

スポンサーリンク


【基礎代謝アップ】ダイエットに筋トレ!主に鍛えるべきは下半身の筋肉?

こちらの記事もよく読まれています

口癖を直すと人生が変わる?口にするのをやめたい”悪魔の言葉”4選

カフェインでふわふわが増長?めまいでやめるべき食生活まとめ

ニキビを一瞬で治す方法?コップ一杯の水で毒素抜きが凄い

短時間睡眠で疲労回復?眠りの質を高める5つの方法

滑舌悪い人必見!会話を円滑にする効果的なトレーニングはコレだ

お酒に美容効果?本格焼酎が体にもたらす3つのメリット

そばで生活習慣病予防?そば湯を飲むと血液サラサラ効果あり

目の下のクマ改善に効果抜群!カシスの栄養素が驚くほど高かった

朝ウォーキングでダイエット!基礎代謝アップで驚くべき4つの効果

化粧品より凄い?トマトジュースで美白!リコピンの驚くべき美肌効果

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事イイネと思った方はシェアしていただけると嬉しいです。