綺麗な爪 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“きれいな爪のつくりかた”について。

ジェルネイルセルフネイルをしている方はたくさんいますよね。ネイルをしている爪は華やかで綺麗です。でも、ネイルをはずした後の爪はどうでしょうか?カサカサでそのままでは見せれない!という方も多いはずです。

手の乾燥やハンドクリームなどには気をつかっていても、爪のケアは見落としがちです。今回はそんなカサカサ爪を健康的なきれいな爪に近づける方法をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【肌がカサカサ】オリーブオイルが効く?乾燥肌の改善に効果的な4つの食べ物!
 

スポンサーリンク

爪の美容液=キューティクルオイル

 
爪 
きれいにネイルしている爪は、それだけで若さを象徴します。でも、ネイルをとったら爪がカサカサという人は多いですよね。そんなときは、キューティクルオイルを塗って、ツヤのある爪をキープしましょう。

爪を保湿し、油分を与えるための専用オイルが市販されています。甘皮の処理をした後に使う場合が多いですが、爪が荒れていると思ったらそのつどケアするのが良いですよ

爪自体は、髪の毛と同じく「死んだ細胞」爪の生え際のところから伸びてくるので、ここを中心に左右のキワなどにも伸ばして使用しましょう。 

爪のケアにオリーブオイルを使用してもOK!

 
オリーブオイル 
とくに爪の荒れがひどいときは、オイルトリートメントをすると良いですよ。指がちょうど隠れるぐらいまでオイルを浅い容易に入れ、その中に10分程度、指を浸します。キューティクルオイルは高いので、オリーブオイルを利用しても大丈夫です。

浸し終わった後は、やわらかいティッシュやガーゼで押さえるようにふきます。この後すぐに水仕事をしたり、お風呂に入ったりしては意味がないので、寝る前に行いましょう


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

爪は定期的にオイル成分を与えてツヤのある爪を目指しましょう。ネイルをとってもきれいな爪になるために、寝る前にハンドクリームを塗り手袋をするとより効果的ですよ。この寒い時期はぜひ試してみて下さいね。

それでは!
 
関連:爪もみ健康法でダイエット効果!自律神経を整えるやり方はコレ!
 

スポンサーリンク