真夏 
8月真っ只中ですね。真夏といえば何を思い浮かべますか?

私は海水浴や甲子園の高校球児が真っ先に思い浮かぶのですが、毎年夏のニュースを見ていると、こういったレジャーやスポーツ中に熱中症で運ばれたり、最悪のケースでは死亡してしまったりと、夏=熱中症というイメージをもたれる方も少なくないかも知れません。

確かに、夏は開放的で楽しいイメージがある反面、40度前後の気温の高さまで上昇する為、1年の中でも非常に過酷な1〜2ヶ月でもあります。

自分には関係ない、と思っている人でも夏バテや熱中症になる可能性は十分に考えられますし、周りの人がいつダウンしてしまうかも分かりません。

頭では分かっていて非常時はテンパってしまうもの。万が一、熱中症にかかってしまった時の為にも予め対処法を知っておきましょう。
 
関連:【最悪の事態も?】脱水症状注意!初心者が知っておきたいサウナの正しい入り方
 

スポンサーリンク

熱中症や夏バテの時はとにかく体を冷やそう

救急
炎天下でのスポーツ中などに大量の玉のような汗、頭痛、体温の上昇、体のだるさ、そして筋肉痛といった症状が出る場合は熱中症のサインと思って良いでしょう。

そういった時はまずは避難が大事です。風通しの良い場所や、近くにあるのであればクーラーの効いた部屋が良いでしょう。

そして、とにかく体を冷やすよう心がけてください。服も出来る限り脱いで放熱を促し、気化熱を奪うようにします。

※気化熱とは・・・蒸発熱とも言い、この場合、液体(汗)が気体になるときに周囲(体)から吸収する熱のことです。つまり汗が体の体温を奪って蒸発しようとする事です。

まわりに扇風機などがあれば風力を最大にして、首の両筋や脇の下、両手足首などの太い静脈が通っている部分に氷やペットボトルを充てがってください。体、そして脳をクールダウンさせましょう。

そして絶対に必要なのが水分。出来る限りの水分補給を試みましょう。出来れば塩分を含むスポーツ飲料があれば理想的です。

もしそれでも回復しない、余計に体調が悪くなった、という場合は速やかに医療機関へ連絡してください。
 
関連:【夏バテ・熱中症予防】汗っかき必見!汗が止まらない時は脳を冷やそう!
 

スポンサーリンク

熱中症対処法まとめ

救急1
上記は主に自分が熱中症らしき症状になった時の対処法ですが、周りに明らかに様子がおかしい人がいれば、同様に対応してあげるようにしましょう。

頑張っている人は「少し体調がおかしいけどまだやれる、大丈夫。」という気持ちを持っている人も多いです。

熱中症は早期であれば回復の見込みも大きいので、重症化を防ぐ為にも様子のおかしい人を見つけたら早急に声をかけるようにしてください。

正しい知識を身につけて、真夏のスポーツも安全に楽しみましょう!
 
関連:【夏バテ防止対策】食事で予防!食欲不振には梅肉やお酢がオススメ◎
 

スポンサーリンク