秋の抜け毛 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“秋の抜け毛対策”について。

本格的な夏が過ぎ、涼しい秋がやってきましたが、抜け毛が多くなって気になるという方はいませんか?秋は夏の紫外線によるダメージや頭皮の乾燥、季節の変わり目による自律神経の乱れなどによって、抜け毛が増える時期です。

しかし、「抜け毛が多い季節だから仕方ないか・・」と諦めてしまっては髪の毛は抜け放題。出来る限り抜け毛は防ぎたいですよね。

そこで今回は、抜け毛を防ぐ正しい髪の洗い方をご紹介したいと思います。毎日何気なく洗っている髪の毛ですが、抜け毛が多い季節だからこそ、しっかりと対策をしておきましょう!

お悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【秋の抜け毛対策】原因はお風呂のシャンプー?薄毛を防ぐ3つの予防法
 

スポンサーリンク

秋の抜け毛を防ぐ!正しい髪の洗い方4つのポイント

1.シャンプーをする前にしっかり汚れを落とそう

シャンプー前
まず始めに、乾いた状態の髪をブラッシングします。その後、体温より少し高いくらいの、熱すぎないお湯で全体をすすぎます。

ここで重要なのが、髪の表面だけではなく、頭皮までしっかりお湯が届いていること。サッと濡らすのではなく、手のひらを使い、地肌まで濡らすようにしましょう。

実はこの2つの工程で、髪の毛や頭皮の汚れを、かなり落とすことができます。また、汚れを落とさずにシャンプーをつけてしまうと、泡立ちが悪くなり思うように洗えないことも。

シャンプーを手にする前に、必ずこの2工程を行うようにしましょう。

2.シャンプーは頭皮を優しくマッサージをするように

シャンプー
さて、いよいよシャンプーに移りますが、その前に!先ほどの工程で、髪の毛がびしょびしょに濡れているはずです。そのままではシャンプーが泡立ちにくいので、まず、髪の毛の水気を切りましょう

その後、シャンプーで洗っていくわけですが、注意したいのが、「直接つけないこと」です。シャンプーを手に取り、よーく泡立ててください。洗顔料がホイップ状の方がお肌に優しいのと同じで、シャンプーも泡立ててから使う方が、髪と地肌に優しいのです

さて、泡をつけたら次は正しい洗い方ですが、基本は「優しくマッサージをするつもりで」洗うことです。間違っても力強くゴシゴシ洗うのはNG!髪の毛よりも洗うべきは頭皮です。指の腹を使い、頭皮をマッサージするように洗いましょう。

3.シャンプー後のすすぎに時間を掛けて!

ブラッシング
ここまで来れば、後は流すだけ!・・と思ったら大間違い。実は、すすぎこそ重要な作業なんです。

シャンプーで落とした汚れは泡についています。ということは、泡をしっかり流さなかったら、結局汚れも流れてないままということに。

今まで紹介したどの工程よりも長い時間をかけ、しっかりすすぎ落としてください。すすぐ際には、生え際のどの方向からもお湯をかけ、すすぎ残しのないように!

4.ドライヤーはこまめに動かして乾かしすぎない

ドライヤー
最後にドライヤーで乾かしておしまいです。

「ドライヤーの熱で髪が傷みそう・・」という人もいるかもしれませんが、正しい使い方をすれば、自然乾燥より髪に優しいです。ポイントは、同じところを温めすぎないこと。ドライヤーをこまめに動かし、広い範囲に熱が伝わるようにしましょう

また、タオルでゴシゴシ拭くのは良くないので、綺麗なタオルで、ポンポンと水分を拭き取るようにしましょう。そして、決して乾かし過ぎないことも大切です。もっとも乾きにくい根元から乾かすようにすると、乾きやすい毛先の方は自然に乾いてきます。

タオルで拭き取り「広範囲に熱風が行き渡るように根元から乾かす」を守れば、不用意に髪を傷つけることなくドライヤーを使いこなせますよ。
 
関連:【ツヤ髪のつくりかた】パサつき防止!髪を傷めてしまう4つの習慣
 

スポンサーリンク

まとめ

抜け毛を防ぐ髪の洗い方いかがでしたでしょうか?
ここまでの内容を簡単にまとめておきましょう!

・髪の毛をシャンプーする前にブラッシングとすすぎで汚れを落とす
・シャンプーは頭皮をマッサージするように洗う
・シャンプー後のすすぎは時間をかけて汚れを落とす
・ドライヤーは広範囲に当てて根元から乾かす事を意識する

こんな感じでしたね。

今まで何となく洗っていたという方はぜひ、今回ご紹介した方法を続けてみてください。きっと抜け毛が減るのを実感してもらえると思いますよ!

それでは!
 
関連:【原因は血流?】薄毛や抜け毛の予防・解消に効く3つのツボはココ
 

スポンサーリンク