ナッツ
 
どうもこんにちは、管理人のハルです。

今回のテーマは“ナッツの効能”について。

ナッツといえば、

・アーモンド
・ピーナッツ
・ピスタチオ
・くるみ

などなど、様々な種類がありますが、実はこのナッツ系は体にとても良いのです

昼食や夕食後にお腹が空いたといってよくお菓子を間食してしまうという方は、特にそういった場合はこのナッツ系を食べていただきたいのですが、中でも栄養価の高いくるみがオススメです。

今回はナッツの効能と、くるみがオススメな理由についてご紹介したいと思います。

是非参考にしてみてくださいね!
 
関連:プチ断食で宿便デトックス効果?美肌にも効くオススメのやり方はこれ!
 

スポンサーリンク

ナッツがもたらす3つの効能

ナッツ効能

1、総合的な栄養価が非常に高い

 
まず一つ目は、栄養価が高いこと。

ナッツにはタンパク質やビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、総合的な栄養価が高いのが特徴です。

普段から偏った食事ばかりをしてしまう、という方はナッツを食べることでバランスの良い栄養補給が可能です。

糖質も少ないので、ダイエット中の方にもオススメ。
 

2、悪玉コレステロールを下げる働き

 
二つ目は、悪玉コレステロールを減らしてくれるのにナッツが有効です。

ナッツは一粒あたり、約50〜60%の脂肪分が含まれていますが、実はこれ、体に良いとされる不飽和脂肪酸なのです

この不飽和脂肪酸にはオメガ3系が豊富に含まれているので、悪玉コレステロールを下げてくれる上に、糖尿病の改善にも効果が期待出来ます

健康診断で悪玉コレステロールが高く、なかなか数値が下がらないという方は、是非ナッツを習慣的に食べてみてください。
 

3、食物繊維が豊富で便秘の解消に◎

 
三つ目は、便秘の解消にも効果的です。

ナッツには食物繊維も多く含まれている為、便通がスムーズになるのもメリットの一つです。

便秘で悩んでいる方にもオススメです。
 

ナッツの中でも栄養価の高いくるみが特にオススメ!

 
くるみ
 
ナッツといっても冒頭でご紹介したように様々な種類があります。

「どれを食べたら1番良いの」

という方にオススメなのが、くるみ

クルミには食物繊維やタンパク質、ビタミン、ミネラル、良質な脂肪分などが豊富に、そしてバランス良く含まれており、ナッツの種類に迷った時はクルミを食べると間違いありません。

他のナッツと違って、ローストする事でさらに栄養価もアップします。
 

スポンサーリンク

ナッツを食べる時の注意点

 
ではナッツ系だったらどういう風に食べても良いのかというと、それもまた違います。

選び方として、まず大事なのが無塩タイプのものを選ぶのがオススメ。栄養価が高いからといって塩分の高いものを大量に食べるには体に良くありません。

そして、クルミだけでなく色んなタイプのナッツを食べると、バランス良く栄養の摂取が出来るのでオススメです。

あとは健康に良いからといって食べ過ぎないこと。いくら不飽和脂肪酸とはいえ、食べ過ぎると太りますし、ニキビや吹き出物の原因になり得ます。

クルミなら1日25g(手のひら1杯半)、アーモンドであれば25粒くらいを目安に食べると良いでしょう。

無塩タイプのオススメはコレ↓↓

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

ここまでの内容をまとめておきましょう。

・ナッツはビタミン、ミネラル、タンパク質など、必要栄養素を豊富に含んでいる
悪玉コレステロールを下げてくれる働きがあるので、高い人にはオススメ
・食物繊維を多く含む為、便秘の解消にも効果的
・中でも栄養価が高いのがクルミ。迷ったらクルミを選ぶのが◎

こんな感じでしたね。

普段から甘いものばかりを間食してしまうという方は、是非この機会にナッツに変えてみるのはいかがでしょうか?

ナッツを食べて体の不調を改善していきましょう!
 
関連:大豆で美肌ダイエット!加熱はNG?納豆の効果的な食べ方をご紹介
 

スポンサーリンク