プロバイオティクス
 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“プロバイオティクス”について。

「プロバイオティクス」をご存知でしょうか?簡単にいうと腸内の健康を保つ善玉菌のことを指します。

便秘や下痢、また風邪やアレルギーといった症状も、このプロバイオティクスを摂取する事で腸内フローラが整い、改善しやすくなるのです。

では、どういった食べ物を食べるとプロバイオティクスを増やす事ができるのか、それらについてご紹介します。

上記の症状でお悩みの方は是非参考にしてみてくださいね!
 
関連:便秘解消にオリーブオイル?金スマで話題!下剤に頼らない腸活体操がスゴい 

スポンサーリンク

腸内フローラ、プロバイオティクスって何?

 

腸内フローラ
※画像引用先

まず腸内フローラプロバイオティクスってどういうものなの?って方も多いと思いますので、簡単にご説明します。

腸内フローラというのは、簡単にいうと腸内環境のこと

腸内には、

・乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌
・大腸菌やブドウ球菌などの悪玉菌
・そのどちらにも当てはまらない日和見菌(ひよりみきん)

の3種類が存在しています。

人によってこの腸内環境はそれぞれですが、健康的な腸内というのは、悪玉菌よりも善玉菌が多い状態です。

善玉菌よりも悪玉菌が多ければ、腸内環境が悪く、上記で挙げた便秘や下痢、風邪、アレルギーといった症状を起こしやすくなるのです。

今でいうとインフルエンザや花粉症にも掛かりやすくなってしまいますね。

 
関連:インフルエンザと花粉症の両方に効くはちみつ?マヌカハニーの効果が凄い
 

また、日和見菌はこのバランス次第でどちらにも付くので、常に悪玉菌よりも善玉菌を多くしておくのが理想的な腸内フローラといえます。

そこで、この腸内フローラを整えるのに、プロバイオティクスを積極的に摂ることが理想的なのです。
 

プロバイオティクスはどういう食事から摂れる?

 
発酵食品
 
プロバイオティクスを摂るには、ずばり発酵食品を食べるのが効果的です。

ビフィズス菌を含むヨーグルトや、サプリメントから摂取するという方法もありますが、これらは熱や酸に弱く、ほとんどが胃に入っても胃酸で死んでしまいます

・植物性の乳酸菌を含む漬け物やキムチ、みそ
・納豆菌を含む納豆
・乳酸菌飲料

こういった食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

また、チーズも乳酸菌を含みますが、動物性の為、胃酸に弱いという特徴があります。これらを考えると、プロバイオティクスをしっかりと腸内に届ける為には、植物性の発酵食品が理想的だと言えますね。

またこれらのプロバイオティクスは、3〜4日ほどで排出されますので、こまめな摂取を心がけましょう。
 
関連:低カロリーで便秘解消効果!ダイエットに野菜が効く2つの理由
 

スポンサーリンク

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

ここまでの内容を簡単にまとめておきましょう。

・腸内フローラを整えるには、常に悪玉菌よりも善玉菌を多くしておくのが理想
・よって、プロバイオティクスを積極的に摂取する必要がある
・プロバイオティクスを摂るには植物性の発酵食品を摂るのがオススメ

こんな感じでしたね。

漬け物に納豆、味噌汁など、昔ながらの日本人の食事は腸内フローラを整えるのにまさに理想的だと言えますね。

便秘や下痢でお悩みの方は是非お試しください。

それでは!
 

スポンサーリンク