不安イライラ
 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“瞑想のリラックス効果”について。

・何だか落ち着かない
・イライラする事が多い
・集中力が散漫だ
・過去を引きずってしまう
・将来が不安だ

などなど、漠然とした不安が常に心の中にあり、自分に余裕が無いという方、いらっしゃいませんか?

そんな方に是非試して貰いたいのが“瞑想”。瞑想にはそういった不安やパニックを取り除き、心を穏やかにしてくれる効果があるのです。

今回は瞑想で自律神経を整えてリラックスするコツをご紹介します。上記のような悩みをお持ちの方はぜひ参考にしてみてください。
 
関連:【よりシンプルに】瞑想で悩み解消?私が実感した3つの効果
 

スポンサーリンク

瞑想で自律神経を整える!1日3分で出来るリラックス法

 
瞑想
 
瞑想というと難しいイメージがあるかも知れませんが、特に難しい事はなく、誰にでも簡単に出来るのです。今からお伝えする瞑想のコツを意識して、ぜひ今日から試してみて下さい。

では早速、やり方をご説明します。

【やり方】

まず、服装は締め付けの弱いゆったりとした服装が理想です。そして、静かで自分が落ち着く場所を選んでください。

そこで、リラックス出来る姿勢を取ってください。イスに座っても良いですし、マットなどを敷いてあぐらをかくなどでもオッケーです。

そして、軽く目を閉じましょう。この時、深く呼吸をしながら「今」ここにいる事に集中します

するとおそらく、

・お腹空いたなぁ
・明日仕事、やだな〜
・これ(瞑想)ちゃんと出来てるの?

といった雑念が思い浮かぶかもしれませんが、そういう時は、「今、食べ物のコト考えちょったなぁ」といった具合に、その事を考えたという事実だけを受け止めてください

そして、その事を客観視するのです。そうしている内に、自分自身を感じる事が出来るようになってきます。

これは瞑想を行う上でのメリットといっても良いでしょう。自分の気持ちや体としっかり向き合う事が出来るのです。

それを繰り返していくうちに集中力が高まり、副交感神経を優位にさせる事にも繋がります。そうなると体は自然とリラックス出来るようになるでしょう

瞑想が終われば、数回深呼吸をしてみましょう。そして、手を握ったり開いたりと体の感覚を感じてみてください。そして最後に目を開ける、という手順が一連の流れになります。
 
関連:【負のスパイラル解消】瞑想が心身の疲労回復に効果的な理由
 

スポンサーリンク

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

慣れるまでは少し難しいかも知れませんが、1日3分だけでも時間を取って続ける事で徐々にコツも掴めてくるでしょう。

瞑想のやり方のコツを簡単にまとめておきましょう。

・ゆったりとした服装でリラックス出来る場所、姿勢で行う
・深い呼吸で、「今の自分を感じる」ことに集中する
・雑念が浮かぶと、それを客観視してみる
・毎日3分間だけでも時間を取って習慣化する

こんな感じでしたね。

心に余裕がない、漠然とした不安がある、といった方には瞑想は非常にオススメです。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?
 

スポンサーリンク