小じわ 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“目元の小じわ”について。

目元の小じわは、30代を過ぎると気になり始めるものです。慌てて保湿をしてみても時間が経つと元に戻ってしまい、がっかりするという人も多いでしょう。でも、年齢肌に合った成分をきちんと与えてあげれば、肌はちゃんと元に戻ります

「それには手の込んだお手入れが必要なのでは?」

と思った人には、本当に効果が期待できる簡単アイテムのオールインワン化粧品をオススメしましょう!

お悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【今だけ500円】ライスビギンの小じわを目立たなくする石鹸の潤い効果が凄い!
 

スポンサーリンク

乾燥小じわはどうしてできるの?

乾燥小じわ
年齢を重ねると自然にできてしまう乾燥小じわは、一体どんな原因で起こるのでしょうか。

健康な肌は、肌表面の角質層のキメがそろっていて、水分をしっかりキープすることができます。化粧水で与えた水分は肌にすーっとなじみ、角質層にためこまれます。

ところが、肌が乾燥していると角質層はキメが粗くなり、ザルのような状態になってしまいます。「それなら簡単に水分が奥へ入っていくのでは?」という発想は間違いです。水分と一緒に雑菌やアレルゲンも入り込みやすく、水分は隙間からすぐに蒸発してしまいます。

つまり、ため込みたい水分はためられず、刺激に弱い肌になってしまうのです。

このような肌は、紫外線の影響を受けやすく、肌の奥から乾燥が進み、悪循環が始まって肌の劣化がどんどん進みます。こうなると、肌の土台となる部分が痩せてくるので、小じわができてしまうのです
 
関連:【女性必見】保湿に効果的な乾燥肌を防ぐ4つのスキンケアテクニック
 

スポンサーリンク

乾燥小じわに効く成分は?

ライスパワー
乾燥小じわが増えるのは、肌が乾燥して角質層のキメが乱れ、肌の奥も乾燥して痩せていくのが原因です。反対に、保水力のあるしっとりふっくらした肌になれば、小じわは減っていきます

では、乾燥しやすい年齢肌をしっとりさせるには、どんな成分が効果的なのでしょうか?

肌表面の角質層になじみやすい保水成分として、“セラミド”があります。昔から保湿成分として知られており、さまざまな化粧品に配合されてきました。でも、本当に効き目のあるセラミドは限られているのです。

多くの化粧品に配合されているセラミドは、浸透しにくいと言われています。ですから、同じセラミドを与えるにしても、本当に効果のあるセラミドを見きわめないと、悩みを解決できないのです。

ライスパワー11配合のオールインワン

そこで、肌になじむセラミドとして今注目を浴びているのが、ライスパワーエキス11です。

「ライス」という名の通り、お米から抽出された成分です。肌に浸透し、保水力を改善する有効成分として認められているという点も、信頼できる成分と言えますね

これまでも角質層にしっかり浸透して保湿力のある成分として人気がありましたが、便利なオールインワンには配合されていませんでした。

その待望のオールインワンがこちら、ライスビギン オールインワンエマルジョンです。
 


治らなかった小じわも、このオールインワンなら効果が期待できるのです。(※効能効果試験済み)

それも、たった1本でお手入れが済んでしまいます。デコルテや目元のクリームとして重点的に塗るのももちろんOKです。

お好きな使い方で、気になる部分をきちんとケアしてくれるオールインワン。ぜひお手元に置いて、毎日のスキンケアに使ってみて下さい。
 

スポンサーリンク