ラン
 
ランニングやジョギングなど、有酸素運動でダイエットをする際は、週に2〜3回の筋トレを取り入れると効率的に痩せる事が出来る、と以前の記事に書きました。

参考:ダイエットには基礎代謝を上げる筋トレが効果的!毎日やる必要はある?

これは、筋肉量と基礎代謝の量は比例する為、筋肉を付ける事でより脂肪の燃焼を促す事が出来る、というのが大きな理由です。

しかし、毎日筋トレとランニングをするのは、忙しい人からするとなかなか出来る事ではありませんし、ダイエットを始めたばかりのうちからこれらをやるとなると、正直キツいですよね。おそらく長く続かないという人もいるかと思います。

そんな方に、週に2回の筋トレでもより効率良く脂肪を燃焼させる方法をご紹介します。

方法といっても特に難しい事をする必要はありません。ランニングと筋トレをするタイミングに気を付けるだけで、脂肪の燃焼率が大きくアップするのです。

ぜひ、参考にしてみてください。
 

スポンサーリンク

筋トレ後にランニング VS ランニング後に筋トレ

 
ランニング前筋トレ
 
ダイエットをする上で、筋トレと共にランニングを行うのは脂肪の燃焼率が高くなる為、非常にオススメですが、いざやろうと思った時に、

・走った後に筋トレをするのか
・もしくは筋トレ後に走るのか

このどっちが良いのだろうと迷った事がある、という人もいるでしょう。

こと「痩せる」という事にフォーカスすると、これは後者。筋トレ後に走るのが正解です。

筋トレをした後は、脳から成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンはその名の通り、筋肉や骨の成長には必須といえる物質ですが、大人になって成長が終わると、主に脂肪を分解する役割に変わります。

筋トレ後はこれらの物質が分泌されている為、ここで有酸素運動を行う事で、効率良く脂肪が燃焼されるのです。
 

筋肉脂肪が燃えやすいのは筋トレの20分後!

 
痩せた
 
では筋トレ後、どれくらいのタイミングで有酸素運動をはじめると良いのかというと、およそ「20分後」が望ましいといえます。

・有酸素運動のみ
・筋トレの20分後から有酸素運動を始めた場合
・筋トレの120分後から有酸素運動を始めた場合

この3つを比較し、どのケースが一番効率良く脂質が利用されるかを比較した実験があります。

結果はなんと、「筋トレの20分後に有酸素運動を始めた場合」が「筋トレの120分後に有酸素運動を始めた場合」の2倍近くも脂質を利用する事が分かったのです。

また、「有酸素運動のみ」を実施した場合と「筋トレの120分後」ではやはり後者の方が脂質利用量は高いですが、筋トレ後時間が経っているという事もあってそれほど大きな違いは見られませんでした。

この事から、筋トレ後、長い時間が経つと成長ホルモンの分泌量が減ってしまうので、分泌量の多い20分後に有酸素運動を始めるのが効果的だといえますね。
 

スポンサーリンク


 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

筋トレ前か筋トレ後、またタイミングを見計らうだけでも結果が大きく違ってくるという事が分かりましたね。

長く継続すればする程、大きな違いが目に見えて出てくるはずです。

毎日はキツいけれど、たまに筋トレをしてみよう、という方は是非このタイミングで実践してみてくださいね!
 
■ GENKINGオススメの飲むダイエット!モニターの97%以上が効果を実感!
→ めっちゃたっぷり フルーツ青汁
 

スポンサーリンク


【脂肪燃焼のコツ3選】ウォーキングやランニングで効率良く痩せる方法

こちらの記事もよく読まれています

【心肺機能アップ】アレルギーやアトピー体質の改善に有酸素運動が効く?

【疲労回復】疲れやすい体質改善に運動が効果的!日常で出来る5つのコト

慢性的なむくみの原因は冷え?自律神経の改善にお尻ウォークが◎

シェイプアップだけじゃない?ヨガが体にもたらす5つのメリット

有酸素運動でふわふわが治る?浮遊性めまいにはウォーキング&水泳!

朝ウォーキングでダイエット!基礎代謝アップで驚くべき4つの効果

人生が変わる?多くの成功者が実践している瞑想のメリット5選

脳の老化は年齢とは無関係?脳を活性化させる5つの習慣

眼のクマの本当の原因は筋肉の衰え?眼輪筋を鍛えて解消しよう