お酒 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“健康で長生きできるお酒と飲み方”について。

「酒は百薬の長」という言葉を聞いたことがありますか?酒はほどよく飲めば、どんな薬よりも健康の為に良いという意味ですが、これはあながち嘘ではありません

細胞のサビを防ぐ成分、腸を綺麗にする成分を含むお酒は長生きに役立ちます。そこで今回は、健康になる為に程よく飲めば体に良いお酒をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【免疫力アップ】腸を綺麗にすると効果的!癌やアレルギーを予防する食べ物
 

スポンサーリンク

適量のお酒で寿命を延ばそう!

赤ワイン

赤ワインかマッコリで健康になる

お酒は適量飲めば、リラックス効果によって健康増進に繋がります。おすすめは、赤ワインとマッコリです。焼酎やウイスキーなどの蒸留酒と違い、醸造酒ならではの健康に良い成分が数多く含まれているのです。

赤ワインのおすすめの種類は?

赤ワインの原料となるブドウは、アントシアニンやレスベラトロールといった抗酸化成分の宝庫です。ブドウの皮や種ごと仕込むため、大量の抗酸化成分が含まれます。おすすめは、カベルネ・ソーヴィニョンです。

マッコリの正しい飲み方

マッコリは、米を酵母で発行させたお酒で、腸に良い乳酸菌や食物繊維が豊富です。甘味を添加していない酸味のあるものがおすすめですよ。

体に良い成分が沈殿しやすいので、飲む前によく振ってから飲みましょう

何杯までが体に良いの?

お酒の量
酒は百薬の長とはいえ、飲み過ぎはアルコールを分解する肝臓の機能が低下してしまいます。また、すい臓などの消化器系の病気や依存症も心配です。

ワインや焼酎のお湯割りならグラス2杯まで。日本酒は1合以下、ビールは500mlが程度が限度です。ほろよい程度でやめるのがコツですよ。
 
関連:【長生きできる食生活】健康の秘訣はお腹が鳴ってから食べる?今日から始めたい理想の食べ方
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お酒の飲み過ぎには注意が必要ですが、細胞のサビを防いだり腸を綺麗にしてくれる成分を多く含む、赤ワインやマッコリを適度に飲むことは体に良く、健康でいることが出来ますよ

また、日本酒は女性に嬉しい美容効果があります。ただし、お酒を飲む時は量に気を付けてくださいね。

それでは!
 
関連:【二日酔い予防】お酒で体調が悪い原因は体質や飲み方?悪酔いしない方法
 

スポンサーリンク