サウナ2
※画像引用先

銭湯やスポーツジムのお風呂に併設されているサウナ

以前、このサウナが体に良い理由について書きました。
 
【老化防止】サウナに抗酸化作用?活性酸素の改善や血管強化に◎
 
活性酸素の除去や血管の強化・改善に繋がり、確かに体には良いのですが、サウナの正しい入り方についてはご存知でしょうか?

何となく入って汗をかいている、という人も多いかとは思いますが、実は入り方を間違えると最悪の事態につながってしまう事もあり得ます。

今回はビギナーには特に知っておいてもらいたい「サウナの正しい入り方」についてご紹介します。
 

スポンサーリンク

サウナの正しい入り方

 
これからの季節、夏から秋、そして冬に向けて、利用する人がますます増えてくるであろうサウナ。

せっかく利用するのであれば、安全かつ健康的に利用したいですよね。

それでは、どのように入れば良いのか早速みていきましょう。
 

1、入る時間の目安は?

 
時計
 
サウナに入る時間は大体8〜12分程度を1度の目安にすると良いです。

からだが温まったら外に出てシャワーを浴び、水風呂に入って再び戻る。これを3回〜4回繰り返すのが一般的だとされています。

熱くて汗がしたたり落ちているのに、「まだいける!」といって我慢する事は全く意味がありません。

特に強がりの性格の人はこういった傾向にあったりしますので、限界だと思ったらすみやかに外に出て冷たいシャワーを浴びるようにしましょう。

また、時間がまだ全然経っていないのに「熱い!」という人は、熱の溜まりにくい下の段へ移動する事をオススメします。
 

2、十分な水分補給を

 
水分補給
 
よくサウナに入る目的がダイエットという人がいますが、基本的にサウナで痩せるという事はありません。

外に出て体重計に乗ると確かに体重は減っているものの、それは体中の水分が汗となって抜けているだけなのです。

この状態はいわゆる脱水症状に近い状態ですので、その状態のままサウナに居続ける事は非常に危険です。

スポーツジムでも銭湯でも給水機が備え付けられているところが多いです。

入る前と出た後は必ず水分補給を忘れないようにしましょう。
 

3、飲酒後のサウナは絶対にダメ

 
飲酒
 
みんなで飲み会に行った後、ノリで「サウナに行こうぜ!」なんて事もあるかと思いますが、飲酒後のサウナは絶対にダメ。

サウナに入って血流が良くなると余計に酔いが回ってしまいます。汗をかいてお酒を抜くという考えは禁物です。

また、上述のように汗をかいて脱水症状の状態になると血液中の水分が少なくなり、血がドロドロになります。

血がドロドロになるという事はどのような病気が待ち構えているかご存知ですよね。

心筋梗塞脳梗塞などのリスクが高くなります。最悪の事態が起こる可能性もあると書いたのはこういった理由ですね。

ですので、飲酒後に銭湯に行く事になっても、ぬるいお湯に短時間浸かる程度にしてシャワーをサクッと浴びて上がるようにしましょう。
 

スポンサーリンク


 

サウナの正しい入り方まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

間違った認識で利用していたという人もいるのではないかと思います。

サウナは体に良い反面、何も知らずに入ってしまうと上記のような思わぬ事態に陥ってしまうことも考えられますので、入る際は十分に注意しましょう。

また、一緒に入る相手がサウナ未経験の場合はこれらの事をぜひ伝えてあげてくださいね^^
 
関連:【サインは1粒の汗?】疲労回復や不眠に効く入浴のコツは深部体温にアリ
 

スポンサーリンク


 

こちらの記事もよく読まれています
口癖を直すと人生が変わる?口にするのをやめたい”悪魔の言葉”4選
カフェインでふわふわが増長?めまいでやめるべき食生活まとめ
ニキビを一瞬で治す方法?コップ一杯の水で毒素抜きが凄い
短時間睡眠で疲労回復?眠りの質を高める5つの方法
滑舌悪い人必見!会話を円滑にする効果的なトレーニングはコレだ
お酒に美容効果?本格焼酎が体にもたらす3つのメリット
そばで生活習慣病予防?そば湯を飲むと血液サラサラ効果あり
目の下のクマ改善に効果抜群!カシスの栄養素が驚くほど高かった
朝ウォーキングでダイエット!基礎代謝アップで驚くべき4つの効果
化粧品より凄い?トマトジュースで美白!リコピンの驚くべき美肌効果

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事イイネと思った方はシェアしていただけると嬉しいです。