サウナ
※画像引用先

銭湯やスポーツジムのお風呂に設置されている事が多い“サウナ”

中に入っては、ただただジッと座って汗をかき、外に出たらまるで天国のように待ち構えている水風呂にザブ〜ン。

サウナ好きな人は延々この繰り返しを行うわけですが、かなり気持ち良いですよね。体がシャキッとして、お風呂上がりには程よい疲労感が残り、家に帰ると心地良い眠りがお出迎えしてくれます。

この体に程よい爽快感と疲労感を与えてくれるサウナ、実は体にとっても良いのです。サウナを習慣付ける事で、老化を防ぎアンチエイジングにも効果的だとか。

今回はサウナが体にもたらすメリットについてご紹介したいと思います。
 
関連:【夏バテ症状対策】快適な睡眠のコツは食事と入浴?ベストなタイミング
 

スポンサーリンク


 

サウナが体に良い理由

 
血管
 
「ヒトは血管とともに老いる」という言葉がありますが、血管が硬くなる事で起こる動脈硬化、細くなる事によって起こる脳血栓や脳梗塞、もっと身近なところでいうと、貧血やむくみといった症状もこれらに起因するのはご存知の通り。

これらは何かしらの原因で血管に異常が起こっているという事ですが、そこでオススメしたいのがサウナ

サウナに入って水風呂を浴びる、という行為を続けていると、その間、血管は膨張・収縮を繰り返す事になります。

そうなると、血管の中では血液の流れに対する「ずり応力」が増し、血管内細胞から一酸化窒素(NO)が分泌されます。

この一酸化窒素は血管を広げる働きがあり、結果、血流の促進や動脈硬化の防止を防いでくれます。
 

サウナで活性酸素を除去

 
運動1
 
スポーツジムに通っている人もお風呂でサウナに入る事をオススメします。

というのも、スポーツをした後は体に活性酸素が溜まりやすくなり、酸化ストレスが高くなります。

活性酸素が溜まりやすくなるという事は、ご存知の通りガンや糖尿病、動脈硬化、老化など様々な病気を引き起こすリスクが高くなるわけですが、サウナで体を温める事でこの活性酸素を無効化してくれる抗酸化作用が働きます。

サウナで体の深部を1度上げると、細胞内ではヒートショックプロテイン(HSP)というタンパク質が増えるのですが、この中のHSP32という種類のものが特に優れた抗酸化作用を発揮するのです。

激しい運動や有酸素運動をする事で、血管を強化し、その時に溜まった酸化ストレスをサウナで解消する。まさにスポーツジムに通う人には一石二鳥の効果があるのです。
 

スポンサーリンク

サウナのメリットまとめ

 
いかがでしたでしょうか?

サウナには実はこんなにも良い効果があったのですね。今までは何となく入っていたという人も多いのでは?

さらに、抗酸化作用が働くという事は上記のような病気だけでなく、お肌のシワ・たるみなどの改善にも効果的でアンチエイジングにも一役買ってくれるというわけですね。

これを見て、「家にサウナが欲しい」と思った人は私だけではないでしょう(笑)

銭湯やジムに行く事があれば積極的に利用していきましょう^^
 
関連:あなたは朝・夜どっち派?夜風呂が体に良い3つの理由
 

スポンサーリンク


【最悪の事態も?】脱水症状注意!初心者が知っておきたいサウナの正しい入り方

こちらの記事もよく読まれています

【夜型生活改善】体内時計リセットに理想な朝食の摂り方は10時間の絶食?

【体内時計リセット3選】朝イチの”焼き魚定食”が快眠につながる理由?

【夏バテ予防】食欲不振はこう防げ!食事で胃バテを解消する3つの対策

【生活習慣病予防】お酢の効能が半端なかった!メタボ・糖尿病・美容に◎

【夏バテ症状対策】快適な睡眠のコツは食事と入浴?ベストなタイミングは?

【夏バテ・熱中症対策】炭酸水で食事がすすむ?効果を得るには常温が◎

【実は意味があった?】夏バテ症状対策に効果的な食べ合わせ3選!

野菜ジュースだけじゃ効果なし?生野菜でしか摂取できない栄養素は?

【摂りすぎ注意】ココナッツオイルで太る?アレルギーで下痢、嘔吐の原因にも

体に良いけど飲み過ぎ注意?コーヒーが健康に良い10の理由