舌
 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“舌”について。

「舌」というとどのようなイメージがあるでしょうか?おそらくパッと浮かんだのが「味覚」だという方も多いかと思いますが、舌は味覚を感じるだけでなく、体の状態を現してくれる一部でもあるのです。

今回は、舌の状態と体調の関係についてご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【葛根湯】風邪の初期症状がすぐに治る?効果的な飲み方はコレ
 

スポンサーリンク

舌を診ることで体調や内臓の状態が分かる

 
舌診
 
風邪などで病院に行くと、「はい、舌を出してくださいね」と先生に言われ、「ベー」と舌を診てもらった事ありますよね?

これは何の為にしているかというと、舌の色や大きさ、厚み、舌苔(ぜったい)の付き方を診ることで体の状態をチェックしているのです。

私も過去に病気に掛かった際、東洋医学の漢方クリニックに通っていたのですが、その時は毎回舌をチェックされていました。初診の際にカメラでその時の状態を撮影し、治療を重ねる度に最初と現在の状態を比較するというものでした。

東洋医学ではこれを「舌診」と呼び、特に内臓の状態をチェックするのに、この舌の状態を診るのは重要になってくるのです。

では、どの様な舌の状態であれば健康的なのでしょうか、それぞれ特徴ごとに見ていきましょう。
 

舌の状態で見る体調チェック

 
舌の状態
【色】
・紫っぽい・・・血行不良
・舌の色が薄い・・・貧血気味

【大きさ・厚さ】
・小さくて薄い・・・栄養不足、水分不足
・歯形が付いている・・・疲労気味、体がむくんでいる

【舌苔】
・白い・・・胃腸が弱っている、糖質過多
・黄色い・・・風邪、胃炎、熱がこもっている、食べ過ぎ

それぞれ舌の色や大きさ、苔の付き方からこういった状態が分かります

舌苔に関していうと、うっすらと全体的に白く覆われている程度であれば健康的といえますが、それこそ苔がびっしりと生えたように分厚くなっていると、体の状態はあまり良くないと思って良いでしょう。

白くて分厚い苔の場合、糖質の摂り過ぎで体が冷えている可能性が考えられます。もし自分に当てはまるという方は、日頃の食事から少し糖質を減らす努力をしてみましょう。

そして舌苔が黄色くなっている場合は、胃に熱がこもってしまっている証拠でもあります。胃を少し休ませる為に、食事自体の量を少し減らしてみましょう。
 

理想的な舌の状態は?

 
理想的な舌というのは、

・全体的にうっすらと苔が生えている
・色はピンク〜淡い赤色が理想
・厚すぎず、薄すぎず、舌の真ん中がふっくらとしていて、適度に弾力がある

こういった状態であれば健康的な状態だといえるでしょう。

体調が良い時と悪い時の舌を比べてみてください。おそらく大体が当てはまっているかと思います。
 

舌の状態を良くするには?

 
舌の状態を良くするには、まず食生活に気をつける事が重要です。舌は内臓の状態を表していますので、胃腸が疲れていればすぐに分かります。

苔が多いときは食事量を減らしたり、出来るだけ野菜などを多めに摂るなどして、胃腸を休ませてあげましょう。
 
関連:プチ断食で宿便デトックス効果?美肌にも効くオススメのやり方はこれ!
 
また舌ブラシを使って舌苔を取ることも出来ます。これは口臭対策としても効果的ですので、気になる方は一日1回、起床時に磨くようにして下さい

ゴシゴシやりすぎると舌の粘膜を傷つけてしまうので、程良い強さで磨いてくださいね。
 

スポンサーリンク

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

舌の状態を見ることは、実は体調チェックにすごく役立つということが分かりましたね。

朝起きて鏡を見て舌をチェックする習慣をつければ、自分の体調の変化に気付きやすくなります

日頃の健康状態を把握しておくためにも、ぜひ毎日の習慣に舌のチェックを取り入れてみてくださいね!

それでは!
 
関連:【体がだるおも】食後の眠気の原因は主食?糖質セーブで解消しよう!
 

スポンサーリンク