今回のテーマは“口臭の予防法”について。

皆さんは自分の口臭って気にしたことがありますか?大切なデートや大事な商談など、ここ一番の場面で気になりますよね。でも、自分の口臭は、自分自身では気づかないことが多いのです。

しかし、周りの人は結構敏感に反応してしまい、知らず知らずのうちに周囲に臭いを放ってしまっている可能性があります。そこで、今回は簡単に口臭をチェックできる方法と、その予防法をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【舌で診る体調チェック】舌苔が白いのは病気?理想的な色は?
 

スポンサーリンク

実は臭っていた?舌の色で口臭チェックしよう

 
口臭チェック

口臭を判断する方法

1.舌の色
もしピンク色であれば、おそらく口臭はありません。もし黄色や白っぽくなっている場合は、細菌が残っていて臭いの原因になっている可能性があります

2.スプーン
スプーンで下の裏をこすり、そのあとに臭いを嗅いでみましょう。良い臭いがしない場合は、口臭の可能性が高いです。

臭いの原因はどこにあるの?

最初に気にするべきことは、口臭の原因になる病気がないかどうかです。病気が原因の口臭は生活習慣の改善だけでは消せないので、専門医の治療が必要となります

また、水分をおあまり摂らない方や口呼吸の方は、口の中が乾いた状態になり、雑菌が増えやすくなりますので注意しましょう。

口臭を防ぐ簡単な方法

1.うがい
うがいをして口の中を潤すことは、口臭を防ぐとても簡単な方法のひとつです。

2.タブレットやガムを噛む
タブレットやガムも、何か別の良い香りで嫌な口臭を覆い隠すマスキング効果を発揮できるものがおすすめです。

3.舌を磨く
舌ブラシなどで綺麗にケアしましょう。ただし、過剰に磨き過ぎると唾液分泌が減ってしまったり、舌を傷つける可能性もあるので注意しましょう

4.鼻呼吸をする
1日に数回、口を閉じてガムを噛んだり、食事の時も物を噛むときは口を閉じて、普段よりたくさん噛むことを意識して鼻呼吸の習慣をつけましょう。市販の口を閉じるテープなどを利用すると鼻呼吸のトレーニングになりますよ
 
関連:緊張や不安に鼻呼吸が効く?自律神経を整える効果的なやり方
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

口臭は自分ではなかなか気づかないので、舌の色でチェックしてみましょう。ピンク色じゃない人は、うがいや舌を磨いたり、ガムを噛んで鼻呼吸するように意識することで予防できますよ。ぜひ試してみて下さいね。

それでは!
 
関連:寝起きの口臭・ネバ付きにはうがいが効果的!正しいやり方は?
 

スポンサーリンク