化粧水 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“乳液とクリーム”について。

皆さんは洗顔の後、化粧水と乳液をつけていますか?また、その後に保湿としてクリームを使用している方も多いのではないでしょうか。乳液やクリームを使う最大の目的は、油分を補うことにあります。適度な油分を補うことは、肌をやわらかく、なめらかにします。

ではどんな種類の乳液&クリームを選ぶのが良いのか正しいつけ方と共にご紹介しましょう。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【化粧水】付け方を間違うと逆効果!美肌に効果的な正しい使い方
 

スポンサーリンク

どんな乳液&クリームを選んだらいい?

 
乳液&クリーム 
【乳液】
セラミドなどの保湿成分が配合されたものがお勧めです。美容液と乳液の中間のようなテクスチャーで、保湿成分をたっぷり含んだ乳液というのも出ています。

【クリーム】
肌に油分を補う目的で使うのなら、高価なクリームではなく、敏感肌用のシンプルなもので充分です。アトピー肌用のスキンケアラインから選ぶと、安心でお手ごろなものが見つかりますよ。

乳液&クリームの正しいつけ方

【乳液】
適量を手のひらにとった後、両手の平にのばし、頬から広げて馴染ませていきます。そして、目のまわりや口元にも丁寧にのばしていきます。

ただし、テカりがちな人は油分を与え過ぎてしまうとニキビの原因になる事があるので、額や小鼻などのTゾーンは控えめにしましょう

【クリーム】
適量のクリームを薬指にとり、皮脂腺の少ない目元や口元に薬指で優しく馴染ませていきます。

目元や口元などの皮脂腺の少ない部分にだけ塗りたいので、他の部分に広がらないように薬指でトントンと優しくたたくように馴染ませましょう。
 
関連:【クレンジング】正しい方法知ってる?1週間で美肌を作るデイリースキンケア
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

乳液とクリームのつけ方の共通の注意点はこすりつけず、優しくなじませるようにする事です。強い刺激は肌にダメージを与えてしまうので気をつけましょう。

ぜひ今日からのスキンケアで試してくださいね。それでは!
 
関連:【顔のたるみ】最大の原因はコラーゲン!正しい改善・予防法はコレ
 

スポンサーリンク