夜のスマホ
 
ベッドでジッと目を閉じてもなかなか寝付けず、気が付いたら朝になっていた。寝たのか寝れてないのかもよく分からない・・・

こんな経験はありませんか?

こういう状態が続くといわゆる不眠症という睡眠障害に陥ってしまうわけですが、その原因としてここ最近増えているのがスマホによる不眠症。

ご存知の方も多いかと思いますが、スマホから発生するブルーライトと呼ばれる光がその不眠症の原因となっていると考えられています。

ではそのブルーライトとはどういったものなのか、またどのようにするとスマホによる不眠症を防ぐ事ができるのか、今回はそれらについてご紹介します。
 

スポンサーリンク


 
関連:【スマホ首】めまいや肩こり症状の原因はストレートネック?対処法は?
 

ブルーライトっていったい何?

 
蛍光灯
 
ブルーライトといえば、PCやタブレット、スマホから発せられる光と思っている人も多いかと思いますが、実は太陽光にも含まれている光の一種。可視光線の中では最も波長が短く、いわゆる紫外線と同様の強いエネルギーを持っています。

つまり、我々が普段から使用しているPCやスマホはこの紫外線並みの強い光を発しており、それを朝から寝る前までずっと使用しているという事は目への負担も非常に大きいという事になります。
 

不眠症の原因に?

 
人間はブルーライトを見ると、メラトニンの分泌量が減ります。メラトニンというのは、睡眠を促すホルモンの一種で、日中、太陽の光りを浴びている時は少なく、夜は増えるといった性質を持っています。

このメラトニンの分泌量が増えると眠気がやってくるのですが、現代では普及したスマホやPCなどのブルーライトによって、本来分泌されるべき時間に分泌されず、不眠症に陥ってしまうという人が増えているようです。

このブルーライト、PCやタブレット、液晶テレビなど様々なものから発せられますが、一番強烈なのが群を抜いてスマホ。

最近では、通勤時間や休憩時間、寝る前までもスマホでゲームをしている、という人も多く、それによる不眠症はいわゆる現代病の一種とも云われています。
 

スポンサーリンク

不眠症への対策は?

 

間接照明
※画像引用先

スマホのブルーライトによる不眠症を防ぐのに一番効果的なのは、なるべく使用を避ける事。ですが、PCやスマホでの仕事が当たり前となった昨今、全く使わないというのは現実的ではありませんよね。

ですので、寝る2時間ほど前からこのブルーライトを遮断するようにしましょう。

日中は体を活発に動かすため、ある程度太陽光から発せられるブルーライトを浴びる事も必要ですが、夜帰宅後は遮断してメラトニンの分泌を促す事が大事です。

また、部屋の照明は蛍光灯などの青白い光は出来るだけ避け、間接照明などにして出来るだけ部屋を暗くするのが効果的ですよ。

あとは、ご飯を食べてお風呂にしっかりと入って体を温め、寝床につく。ベッド付近にはなるべくスマホは置かないようにしましょう^^
 

まとめ

 
スマホによるブルーライト、いかがでしたでしょうか?

普段から使っているスマホがここまで眠りの質を下げているというのは驚きでしたね。

特に不眠症で悩んでいるという人は、眠れないからこそスマホを見てしまうという悪循環に陥っている可能性もあるので、これを機に使用を制限するのも一つの手かもしれませんね。

止めたいと思ってもなかなか止められないスマホですが、その使用頻度、一度見直してみるのはいかがでしょうか?
 
必見!:上質な睡眠をお手伝い!休息サプリメント“グッドナイト27000”

スポンサーリンク


 

こちらの記事もよく読まれています
口癖を直すと人生が変わる?口にするのをやめたい”悪魔の言葉”4選
カフェインでふわふわが増長?めまいでやめるべき食生活まとめ
ニキビを一瞬で治す方法?コップ一杯の水で毒素抜きが凄い
短時間睡眠で疲労回復?眠りの質を高める5つの方法
滑舌悪い人必見!会話を円滑にする効果的なトレーニングはコレだ
お酒に美容効果?本格焼酎が体にもたらす3つのメリット
そばで生活習慣病予防?そば湯を飲むと血液サラサラ効果あり
目の下のクマ改善に効果抜群!カシスの栄養素が驚くほど高かった
朝ウォーキングでダイエット!基礎代謝アップで驚くべき4つの効果
化粧品より凄い?トマトジュースで美白!リコピンの驚くべき美肌効果

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事イイネと思った方はシェアしていただけると嬉しいです。