大豆食品
 
どうもこんにちは、管理人のハルです。

今回のテーマは“大豆”について。大豆食品といえば、豆腐や納豆、おから、湯葉、味噌、あとは豆乳なんかもそうですよね。

「大豆は畑の肉」

という言葉を聞いた事がありますでしょうか?これは、大豆には重要な栄養素であるタンパク質が多く含まれている為にそう呼ばれてれているのです。

今回は、この大豆を食べる事によって得られる効果と、日本人に馴染みのある納豆の効果的な食べ方についてご紹介したいと思います。

健康効果だけでなく、美容やダイエットにも効果的な”大豆”。特に女性の方は必見です。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!
 
関連:シミやしわを咀嚼で予防改善?食べ物を”よく噛む”と小顔効果あり!
 

スポンサーリンク

大豆を食べる事で得られる効果

 
まず大豆を食べる事によって得られる効果からご説明しましょう。

大豆食品を積極的に摂ると、このような事に効果的です。

・ダイエット効果
・肌のハリ改善・美肌効果
・胃腸の不調の改善 etc……

上でも少しだけ触れましたが、大豆には重要な栄養素である良質なタンパク質が多く含まれています。タンパク質が不足してしまうとまず筋肉量の減少を招いてしまいます。そうなると基礎代謝が低下して脂肪が燃焼されにくくなってしまうので、痩せにくい体になってしまうのです。

また、タンパク質はコラーゲンの生成にも一役買っていて、肌のハリを保つ効果も期待できます。

女性の方は体型を気にしてお肉などのタンパク質を控える方も多いと思うのですが、それはかえって逆効果

「でもお肉は食べたくない、苦手」

という方は、植物性タンパク質を多く含む大豆食品を積極的に食べるようする事で、痩せやすいカラダと美肌を手に入れる事が出来るのです。

ここで覚えておきたいのが、大豆そのものを食べるよりも、加工された大豆製品を食べる方が消化や吸収率が高い為、オススメです。
 

納豆の効果的な食べ方は?

 

納豆
※画像引用先
次は、大豆製品の代表的な食品といっても過言ではない、納豆の効果的な食べ方についてご説明しましょう。

納豆には血液をサラサラにする効果がある事をご存知でしょうか?

そして、その性質が最も活躍するのが、”寝ている時”。就寝中は水分不足によって血液がドロドロになりやすい傾向にある為、寝る前、つまり夕食時に納豆を食べるのが効果的です

朝よりも夜が良いという事ですね。

そして食べ方ですが、納豆は加熱してしまうと栄養成分がなくなってしまう為、そのままの状態で食べるのがオススメです。

さらにいうと、2〜3日冷蔵庫で寝かす事によって発酵が進むので、有効性分が増し、より納豆の効果を得る事が出来ます
 
関連:【生活習慣病予防】お酢の効能が半端なかった!メタボ・糖尿病・美容に◎
 

スポンサーリンク

まとめ

 
大豆製品の効果、いかがでしたでしょうか?

簡単にまとめておきましょう。

・「大豆は畑のお肉」と呼ばれるほど良質なタンパク質を多く含んでいる
タンパク質には、代謝を上げて筋肉をつくる作用がある
・大豆食品はコラーゲンの生成を促し、肌のハリを保つ効果がある
・大豆そのものよりも、大豆製品を食べる方が消化や吸収率が高い
・納豆は購入後2〜3日寝かせ、加熱せずに夕食で食べるのがベスト

このような感じでしたね。

納豆は体に良いという事はよく聞きますが、効果的な食べ方については始めて知ったという方も多いのではないでしょうか?

これから納豆を食べるときは、ぜひ今回の内容を参考にしてみてくださいね^^

それでは!
 

スポンサーリンク