健康な体 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“健康な体でいる為の食事方法”について。

皆さんは、どんな朝食を摂っていますか?忙しいからと言って、朝は抜いて昼にドカ食い、夜もしっかり炭水化物を食べてしまっている方。こんな食生活が、一番寿命を縮めてしまうってご存知でしょうか

健康な体でいる為には、食事がとても重要なのです。夜、軽めに済ませることで朝は空腹で目が覚める健康な体になりますよ。そこで今回は、健康な体でいる為の食事方法についてご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【夜型生活改善】体内時計リセットに理想な朝食の摂り方は10時間の絶食?
 

スポンサーリンク

炭水化物を食べるなら昼食が正解!

 
栄養バランス

食事をするのは、お腹がグーッと鳴ってから

決まった時間に食事をするのは良いことですが、空腹でもないのに時間がきたら食べるのはダメです。その理由は、サーチュイン遺伝子という長寿遺伝子にあります。

サーチュイン遺伝子は普段は眠った状態ですが、お腹がグーッと鳴って空腹になるとスイッチがオンになり、活性化されるのです。そうすると、染色体にあるテロメアが保護されます。テロメアとは別名「命のろうそく」と呼ばれていて、その長さを維持するには、食事のタイミングが重要なのです。

食事のバランスとは?

 
野菜ジュース
健康で長生きする為には、何よりも食事が重要です。基本は、朝は野菜ジュース、昼は定食、夜はおかずだけという食べ方がベストです。空腹を感じてから食べることも、大切なポイントですよ。痩せたい人は、夜に糖質を控えておかずだけにすることで、脂肪燃焼を促す遺伝子の働きが活性化されます。

食べ方のポイント

健康長寿の人は、血中のインスリン濃度が低いことが分かっていて、インスリンの過剰分泌を抑える食べ方が推奨されています。

食事をする時はまず、野菜や豆腐など、血糖値を上げにくいものから箸をつけましょう。ご飯や麺類などの炭水化物は最後に食べます。すると血糖値が急激に上がりにくく、インスリンの過剰な分泌も抑えられます。

献立の考え方

体に良い献立を考えて、太らないように毎日カロリー計算するのは面倒です。それならば、無理に計算する必要はありません。大事なのは、栄養バランスがとれていることです。

そこで、カロリーよりも食品の色に注目するようにし、多種類の色の食品を摂る事で、自然と栄養バランスが良くなりますよ
 
関連:【ナッツの効能】便秘・悪玉コレステロールの改善にくるみが効果的!
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

健康な体でいる為には、毎日の食事がとても重要です。お腹がグーッと鳴ってから食べるように気を付けて、朝はジュースで夜はおかずだけの軽め、昼は定食を選び栄養バランスの良い献立を選ぶように心がけましょう

毎日の食事で健康な体は作られていきますよ。ぜひ参考にしてみて下さいね。
それでは!
 
関連:プチ断食で宿便デトックス効果?美肌にも効くオススメのやり方はこれ!
 

スポンサーリンク