太陽礼拝
 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“ヨガの太陽礼拝ポーズ”について。

普段からヨガをやられている方にはお馴染みのポーズかと思いますが、太陽礼拝はその名の通り、太陽への感謝を意味するポーズです。

全身をくまなく使う為、一見スローな動きに見えて実はかなりの運動量があります。その為、このポーズを毎日習慣的に行うことで、冷え性や肩こりといった様々な症状の改善効果が期待できるのです。

今回は太陽礼拝の効果とやり方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【むくみ解消】ヨガで脚痩せ!脚が細くなる効果的なポーズは鳩?
 

スポンサーリンク

太陽礼拝ポーズのもたらす健康効果がスゴい!

 
太陽礼拝ポーズ
 
この太陽礼拝のポーズを毎日行うと以下のような症状の改善に効果が期待できます。
 

・冷え性
・むくみ
・肩こり
・背中のこり
・うつ
・運動不足
・ダイエット
・肌荒れ …etc

 
このポーズは体を大きく動かして血行を良くするとともに、呼吸も整えながら行う為、肉体的な部分だけでなく、精神的なリラックス効果も期待できるのです。

これを朝から行うことで、気分がスッキリし、1日を健やかな気分で過ごすことが出来ます。また、日中も代謝の上がった状態でいられる為、何もせずともカロリーを消費しやすくダイエットにも効果的なのです。普段から運動不足だという方なんかには特にオススメですね。

太陽礼拝のポーズのやり方は?

 

 
では、太陽礼拝ポーズのやり方をご紹介します。
 

【やり方】

1.両手を胸の前あたりで合わせ、足を腰幅に開きます。

2.大きくゆっくりと息を吸いながら両手を頭上に上げ、上に引き上げるように上半身を反らします。この時、目線は上にあげましょう。

3.息をゆっくり吐きながら、上半身の力を抜き、前に倒します。特に首や肩、腰に力が入らないようにしてください。

4.両手を下に付いて、息を吸いながら片足を大きく後ろに、もう一方を胸の下あたりに持ってきます。この時、下を向かず目線は上へ。

5.前に出した足を元の位置へ戻し、息を吐きながらヒザ、胸を床に付けます。お尻は上げている状態です。

6.息を吸いながら、腕の力を使ってそのままグッと上半身を起こしていきます。腰から下は床に付いている状態。

7.両手を床に付き、息を吐きながらお尻を突き上げます。この状態で呼吸を数回繰り返します。

8.次は4と逆の足を前に出して同じポーズを取ります。

9.3と同じポーズに戻ります。

そして1へ。

 
これが一連の流れになります。やってみると分かりますが一度やるだけでも体がじんわりと温まります。何度も繰り返し行うと非常に良い運動になるので、ぜひご自身が心地良いと感じるまでやってみてください
 
関連:ヨガで血流改善!肩こりや首こりを解消する効果的なポーズは?
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この太陽礼拝のポーズは、本格的にヨガをやっていない方でも、家でやろうと思えば簡単に出来ます。ですので、もし体の不調や、なんだかスッキリしない、という悩みをお持ちの方はぜひ試してみてください。きっと心身ともにスッキリするのを実感してもらえると思いますよ^^

それでは!


スポンサーリンク