黒クマ 
どうもこんにちは、管理人のハルです。

今回は“目の下のたるみを解消する方法”について。

目の下のたるみが気になるという方、いらっしゃいますよね。

色んな化粧品や美顔器を使ってもまるで効果が出ない。

「これどうやったら取れるの?」
「やっぱり手術しかないの?」

と思われるかも知れませんが、実はそんな事はありません。

目の下のたるみの原因と解消法を知れば、たるみの進行を止め、スッキリとした目元を取り戻す事が出来ます

今回は目の下のたるみ(黒クマ)を解消するオススメの顔の筋トレをご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!
 

スポンサーリンク

目の下のたるみ(黒クマ)を解消する顔の筋トレ

歳を重ねるごとに出てくる悩み、“目の下のたるみ”

気付けば目の下にもう一本曲線が出来ていて、それが影を作って同時にクマも出来てしまいます。目の下がたるむと一気に老け顔になってしまいますよね。

そこで今回は、目の下のたるみを解消するオススメの顔の筋トレ法をご紹介します。

目の下がたるんでくる原因とは?

眼輪筋
※画像引用先
まずは目の下のたるみが出来る原因を知っておきましょう。

目元は体のなかで最も皮膚が薄い箇所なので、顔の中で一番老化が現れ始める箇所です。体質的に目の下の脂肪が多い人は、たるみやクマができやすい傾向があります

これらによって目の周りが黒くなったように見えるのが、いわゆる黒クマと呼ばれるものですね

そもそも、目元の皮膚がたるんでくる一番の原因は、主に老化による目の周りの筋肉の衰えです。

目の周りの筋肉は、本来ならば脂肪を含む目元の皮膚全体を支えているのですが、加齢などにより筋肉が衰えてしまうと、支えられなくなった脂肪が重力により垂れてしまい、目の下にたるみができてしまうのです。
 

スポンサーリンク

目の下のたるみを解消するには眼輪筋(がんりんきん)を鍛えよう

それでは早速、たるみを解消する顔の筋トレについてお話します。

具体的にどこを鍛えれば良いかというと、それは“眼輪筋”という筋肉。

眼輪筋というのはあまり聞きなれないかも知れませんが、目の周りを囲んでいる筋肉のことを指します

ここの筋肉を鍛えれば、重い皮膚や脂肪を支える力を取り戻すことができます。

私がおススメの筋トレ法を紹介します。
 

顔の筋トレ
※画像引用先
【やり方】

最初に目を軽く閉じたあと ゆっくりと目をギューっと固く閉じていき、そのまま5秒間キープ。

そのあと、少しずつ目の力を抜いていきます。そうしたら眉を上げて目をパッと開きます。そのまま5秒間キープ。

これを暇な時間を見つけて繰り返しやるようにしてください。こうする事で眼輪筋全体を鍛えることができ、継続することで目の周りがスッキリとしてきます

また、笑うときに下まぶたを引き上げて笑う、下まぶただけを上げて目を閉じる筋トレもオススメ。

目尻や目頭に指を当ててやってみるとどこの部分が動いているか分かりますし、目に負荷を掛ける事ができるので、その方が効果的かも知れません。

やってみると意外と難しいのですが、目の下の筋肉のトレーニングになりますよ。

1回やっただけではもちろん効果は出ませんが、毎日継続することで徐々にその効果も感じて貰えると思います。

お金を掛けずにどこでも出来るトレーニングなので、誰でも気軽に取り組めますね。

しかし、鏡を見ながらやると分かるように、トレーニング中はけっこう変な顔になっています(笑)そういう意味では、人があまりいないところでやる方がオススメかも知れませんね!

ぜひ、お試しください!
 
必見:【黒クマ】即効性あり?!目の下のたるみが目に見えて改善する方法がすごい
 

スポンサーリンク