登山歩き方
 
を登った事がある人はご存知だと思いますが、山道はただ坂になっているというだけでなく、階段や岩場など様々な足場が現れます。

そういったところを歩く時に、平地と同じ歩き方をするのは危険です。

山は地面が濡れていたり、滑りやすくなっている事も多く、こういった悪い足場というのはどの山を登っても遭遇します。

ちょっとした足の運び方の違いが転倒や滑落などの危険を招いてしまう事も十分にあり得るのです。

今回は、山登りで身につけておきたい坂道や階段の正しい歩き方についてご紹介したいと思います。
 

スポンサーリンク


 

山登りで身につけておきたい上りのテクニック

 
山登りの歩き方といっても、山では様々な足場が出てくるので、今回はスタンダードな足場、坂道と階段の上りのテクニックについてご説明します。

基本をマスターすれば体に余計な負荷が掛からなくなり、楽に溺れるようにもなります。

しっかり覚えて登山で活用してみてくださいね!
 

スポンサーリンク


 

着地は踵ではなく、全体で。

 
着地の仕方
 
平地を歩く時は基本的に踵(かかと)から着地してつま先で地面を蹴るというのが一般的ですが、山の坂道では足の裏全体を地面にフラットに着地して歩くのが基本です。

山の足場はぬかるんでいる事も多く、かかとから着地すると、その部分が凹んで足をとられたり、滑ってしまうという危険もあります。

ここで重心移動も重要になってくるのですが、足の裏を地面にフラットに付けると同時に、その前足に徐々に重心を移動させます。そして膝を伸ばした時、その踏み出した足から頭までが一直線になるようにするのがコツです。

そうする事で次の一歩がスムーズに出てくるようになります。

これが前のめりになって腰が引けているような状態になると、重心が安定せず、さらに視界も狭くなる為、危険です。

よほどの急な坂道では無い限り、まっすぐ立って歩くようにしましょう。
 

階段は1歩づつが基本

 
山階段
 
階段があると早く頂上に辿り着きたいという気持ちから、1段飛ばしをしてしまうという人はいませんか?

登山での階段は、1段づつ上るのが基本です。

具体的な登り方は、まず段があるギリギリのところまで近づき、足を上げて次の段に足の裏をフラットに着地させます。

その後はゆっくりと体を前傾させて、前足に重心を掛けて膝を伸ばす、というのが一連の動作になります。

階段によっても間隔が短かったり長かったりと様々ですが、基本的には1段1段ゆっくりと上るようにしてください。

大股になると滑りやすいというのもあるのですが、何より疲れてしまいます。

山登りは長時間運動になるので出来るだけ無駄な体力は使いたくありません。こういったところにも気を使う事で、体力を温存しながら登る事が出来るのです。
 
【バテにくい】登山初心者が知っておきたい山を楽に登る3つの方法!

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

坂道階段も基本的には同じで、足の裏を地面にフラットに着地させるというところがポイントでしたね。

あとは、少しだけ両足の先を開きながら足を踏み出す事でさらに疲れを軽減させながら登る事が出来ますよ。ぜひ試してみてください^^

山登りは安全第一です。滑って転んで転落なんてしてしまっては元も子もないですよね・・・

焦らず確実に、一歩一歩頂上を目指しましょう!
 

スポンサーリンク


 
【達成感がスゴい】ジョギングなどの運動が続かない人は登山はいかが?

こちらの記事もよく読まれています

【心肺機能アップ】アレルギーやアトピー体質の改善に有酸素運動が効く?

【疲労回復】疲れやすい体質改善に運動が効果的!日常で出来る5つのコト

慢性的なむくみの原因は冷え?自律神経の改善にお尻ウォークが◎

シェイプアップだけじゃない?ヨガが体にもたらす5つのメリット

有酸素運動でふわふわが治る?浮遊性めまいにはウォーキング&水泳!

朝ウォーキングでダイエット!基礎代謝アップで驚くべき4つの効果

人生が変わる?多くの成功者が実践している瞑想のメリット5選

脳の老化は年齢とは無関係?脳を活性化させる5つの習慣

眼のクマの本当の原因は筋肉の衰え?眼輪筋を鍛えて解消しよう