鍋
 
こんにちは、ハルです。

今回のテーマは“お肉”

お肉美味しいですよね。特にこれからの季節、忘年会や新年会で、お鍋を食べる機会も増えてくると思います。

・しゃぶしゃぶ(豚)
・すき焼き(牛)
・水炊き(鶏)

こういった鍋料理には特にお肉は欠かせませんよね。

よく「お肉より野菜をたくさん食べなさい」と言われたり、体重を気にしてあまりお肉を食べないという方もいらっしゃいますが、実はお肉は“栄養の宝庫”なのをご存知でしょうか

牛・豚・鶏の3大ミートにもそれぞれ長所があり、これらを積極的に食べる事で様々なメリットが得られるのです。

なんと、うつ病の予防や美容にも効果があるとか。

今回は3大ミートについて、それぞれを食べる事で得られるメリットについてご紹介していきたいと思います。
 
関連:【最強の健康食?】スパイスカレーが体にもたらす5つの効果がスゴい

スポンサーリンク

牛・豚・鶏肉それぞれのメリットをご紹介

 
肉
 
お肉お肉というと、どこか体に悪そうなイメージがある方もいらっしゃるかも知れませんが、お肉は吸収率の高い良質なタンパク質やビタミン類を多く含んでいて、こと“栄養を摂る”という事に関してはお肉を食べるのが一番手っ取り早いのです。

もちろん食べ過ぎは良くありませんが、バランスよく食べる事で様々な効果が期待できます

また、体型を気にされる女性にとっては「太りそう」という心配もあるでしょう。しかし、実はお肉そのものは食べても太りにくいのです。むしろ、良質なタンパク質が筋肉を作るので、基礎代謝のアップに繋がり、痩せやすいカラダを作る事にも繋がります

それでは早速、それぞれのお肉のメリットを見ていきましょう。
 

スポンサーリンク

牛肉で貧血&疲労回復

 
牛肉には主にタンパク質とヘム鉄、亜鉛が多く含まれており、中でも吸収率の高いヘム鉄が貧血や体の疲労を回復してくれる効果があります

筋肉や骨を形成するのに欠かせない必須アミノ酸をバランスよく含んでいるのも特徴です。
 

豚肉で疲労回復・肌荒れ改善に

 
豚肉にはビタミンB1が多く含まれているのが特徴で、その含有量はなんと牛や鶏肉の5〜10倍!主に、疲労回復や皮膚・粘膜の回復に高い効果を発揮します

・体の疲れが抜けない
・肌が荒れてきたと
・口の中に口内炎ができた

このような時に豚肉を食べると、それらの回復を促す効果が期待できます。
 
関連:【ドライアイ】疲れ目の解消にビタミンBが効く!オススメの食べ物は?
 

鶏肉はコラーゲンが豊富で美容効果

 
鶏肉はタンパク質、ビタミンA、コラーゲンを多く含んでおり、美肌効果が高いのが特徴です

肌のしわやたるみにはコラーゲンが良いとよく聞きますが、鶏肉を摂る事で肌の弾力性が高まり、それらの改善にも効果が期待出来るのです。

ちなみにコラーゲンは鶏肉単体で食べてもあまり吸収はされにくく、ビタミンCと一緒に摂取するとより効果的に吸収する事ができます

ビタミンCのオススメサプリはこちらです↓↓

安くて効果があるというレビューも非常に多い、ビタミンCサプリです。

・明らかにニキビが減った
・風邪が治った
・肌の調子が良くなった

など、レビューを読んでいてもかなり評価が高いようなので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!
 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

それぞれのお肉でそれぞれ違うメリットがありましたが、やはりどれも重要だという事が分かりましたね。

ちなみにうつ病に効くというのは、お肉に含まれるフェニルアラニンというアミノ酸がうつの予防に効果があるからです。

野菜中心の生活は確かに体にも良いですが、気持ちが沈んでいる、うつっぽい、という時はもしかするとお肉が足りていないのかもしれません

バランスの取れた食事で、しっかりと体調管理をしていきましょう!
 
関連:【体内時計リセット3選】朝イチの”焼き魚定食”が快眠につながる理由?
 

スポンサーリンク