ウォーキング
 
こんにちは、ハルです。

健康の為、日頃から歩いているという人にオススメなのがウォーキングでの体幹トレーニング

ただ歩くだけではなく、正しい歩き方でかつ体幹を意識して歩くことで、高い運動効果が得られます

普段、あまり運動に時間が取れないという方も、日頃のウォーキング時に少し意識するだけで体幹を鍛える事が出来るのです。

今回は、ウォーキングで体幹を鍛える正しい歩き方についてご紹介したいと思います。
 
関連:【体質改善に効果的】体幹トレーニングで得られる3つのメリット
 

スポンサーリンク

体幹を鍛えることによる効果

 
まず、体幹を鍛える事によって得られる効果について。

体幹を鍛えるにはインナーマッスル(深層筋:身体の奥にある筋肉の総称)を鍛える必要があります。インナーマッスルは体脂肪を燃やしてくれる割合が高く、それを鍛えると高い運動効果が得られます。

また、基礎代謝量が増えてカロリー消費量が増えることにより、太りにくい体質を手に入れる事ができます

筋肉は収縮することによって身体の動きを可能にし、適度な負荷を与えると、しだいに強くなる性質があります。

したがって体幹トレーニングをする時には、できるだけ動作範囲を大きくし、関節の曲げ伸ばし範囲も広げると、より高い効果が得られます。
 

体幹を鍛えるウォーキング方法

 
体幹トレーニング
 
友人とおしゃべりしたり風景を眺めたりの一般的なウォーキングでは、体脂肪率や脚力の維持には効果がありますが、体幹を鍛えるまでの効果はなかなか得られません。

ウォーキングで体幹を鍛えるには、体幹トレーニングウォーキングを同時に行うのがお薦めです。体幹が強く正しい姿勢でウォーキングしている人ほど、早くて高い効果が得られるからです。

具体的には、まずウォーキングを始める前に、体幹トレーニングを20分~30分ゆっくり行ってください。そしてウォーキング終了後にも、硬くなった筋肉をほぐすための体幹トレーニングを10~20分間で行ってください。

ウォーキング時はいくつか意識したいポイントが有ります。

背筋を伸ばして手の振りを大きく(特に後ろの方に)、大きい歩幅で歩くように心がけてください。こうする事によって、体の中心、つまり体幹を効果的に鍛える事に繋がります。

また、歩く速度は1kmを10分程度のアクティブウォーキングをすると、体内脂肪を燃焼させる効果的な有酸素運動になります。

ウォーキングをする時間があまり取れないという時は、坂道や階段などをコースに取り入れたスローピングもお薦めです。

スローピングでは、筋力トレーニングと有酸素運動を同時に取り入れる事ができます。体幹を意識した歩き方で、短い時間でも効率的に運動効果を高めたいという方はぜひ取り入れてみてください。
 

スポンサーリンク


 

まとめ

 
体幹を鍛える正しい歩き方、いかがでしたでしょうか?

いつもウォーキングをしているけれど、歩き方をあまり意識していない、という方もおそらく多いのではないかと思います。

ですが、せっかく歩くのであれば、効果的に行いたいですよね。そういった方はぜひ、今回の内容を参考にしていただければと思います。

体幹を鍛えて、健康的な体を手に入れましょう!
 

スポンサーリンク


【体幹を鍛える】インナーマッスル強化に山登りが効果的な理由とは?

こちらの記事もよく読まれています

口癖を直すと人生が変わる?口にするのをやめたい”悪魔の言葉”4選

カフェインでふわふわが増長?めまいでやめるべき食生活まとめ

ニキビを一瞬で治す方法?コップ一杯の水で毒素抜きが凄い

短時間睡眠で疲労回復?眠りの質を高める5つの方法

滑舌悪い人必見!会話を円滑にする効果的なトレーニングはコレだ

お酒に美容効果?本格焼酎が体にもたらす3つのメリット

そばで生活習慣病予防?そば湯を飲むと血液サラサラ効果あり

目の下のクマ改善に効果抜群!カシスの栄養素が驚くほど高かった

朝ウォーキングでダイエット!基礎代謝アップで驚くべき4つの効果

化粧品より凄い?トマトジュースで美白!リコピンの驚くべき美肌効果

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事イイネと思った方はシェアしていただけると嬉しいです。