ヨーグルト 
どうも、管理人のハルです。

今回のテーマは“ヨーグルトと美肌”について。

ヨーグルトが体に良いことは皆さんご存知ですよね。腸の働きを活性化し、お通じを良くしてくれたりする健康的な食品です

そんなヨーグルトですが、食べる時はどのようにして食べていますか?ほとんどの方が、冷蔵庫から出してすぐの冷え冷えの状態で食べているのではないでしょうか?

しかし、実はヨーグルトを温めて食べると意外な美容効果を発揮するのです。今回はその食べ方と、どのような効果があるのかをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:便秘解消と美肌には食物繊維!腸内フローラを整える食べ物がコレ
 

スポンサーリンク

ヨーグルトを温めるとなぜ美肌に効果的なの?

 
肌 
ヨーグルトは、整腸作用が高く、メラトニンの分泌に効果的なトリプトファンも多く含まれているので、まさに美肌効果にバツグンの食品なのです。朝食や間食にもぜひ食べたいですね。

ただ善玉菌を増やすには、さらにひと工夫するとより優れた効果を発揮するのです。

腸は温度が38℃前後の時が最も活発に働き、消化吸収や免疫の働きも良くなります。腸内の善玉菌はあたたかい温度を好み、お腹が冷えると悪玉菌が増えてしまうこともあります

せっかく体にとても良いヨーグルトを食べてもお腹が冷えてしまい、悪玉菌が増えるのはもったいないです。そこで、おすすめなのがヨーグルトをあたためてから食べることなのです。
 

ヨーグルトはあたためてから食べよう

 
ヨーグルト温める 
ヨーグルトは冷蔵庫から出してそのまま食べるのではなく、38℃前後にあたためてから食べるとお肌にとっても良いのです。

100mlを500Wの電子レンジで40秒ほど加熱すると、腸内環境に近い温度になります。電子レンジの種類によって多少違いますので、できたら食物用の温度計で一度測ってみるといいですね。

また、バナナスーパーフードをプラスするとより効果的です。食物繊維と、善玉菌のえさになるオリゴ糖が豊富なバナナを混ぜて食べるのは腸にとても良いレシピです。スーパーフードも栄養価の点でも、美肌づくりにはとてもおすすめです
 
関連:花粉症の改善にみかんの皮が効く?ヨーグルトと食べると効果倍増!
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ヨーグルトは冷蔵庫から出して冷えた状態で食べている方もレンジであたためてから食べることで、腸内の善玉菌を増やし、より整腸作用に効果があります。間食にも朝食にもホットヨーグルトはおすすめですよ

それでは!
 
関連:【エステナードリフティの効果】顔のしわたるみを改善!ハリのある肌にはこの美顔器!
 

スポンサーリンク